ヴェルサイユの花 ~Fleur de Versailles~                         

fleurpink.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2011年 02月 24日

ロザリーの本名


ロザリーはコンシェルジュリで最後の日々を過ごしたアントワネットの世話係として
フランス革命の舞台に登場し、歴史にその名を残しました。
しかしその存在はほとんど知られていません。



e0190118_0304650.jpg



この絵はルドゥーテの薔薇です。
ロザリーに捧げるつもりで。



我々の知るロザリーの名前は " ロザリー ラモリエール " ですが



彼女の本名が実は マリー・ロザリー ドゥラモリエール " Marie-Rosalie Delamorlière "
だったということがわかりました。



フランスのマリー・アントワネットファンのホームページ 
" Le Boudoir de Marie-Antoinette " で知ることができました。



このホームページを教えて下さったくみさん、
くみさんのおかげです。本当にありがとうございます。
Merci beaucoup !



文盲であった彼女 (まだまだ識字率の低かった時代です) は
後年、王妃に仕えたコンシェルジュリのことを述懐しています。(ロザリー29歳の頃)
彼女の証言は1824年に出版された Lafont d'Aussonne 氏の伝記に
収められているようです。



日本ではなかなか目にすることが難しい貴重な資料が
本国フランスにはまだまだたくさんあるのだろうな~
とため息をついてしまいます。



以下 ≪ ≫ 内太字文章ホームページの記事より筆者要訳

≪ 革命下、ロザリーは自身の名前 " マリー・ロザリー ドゥラモリエール " の
ファーストネーム " マリー " がマリア様を想起させるということからマリーを隠し
名字のドゥラモリエールの " ドゥ " が貴族の名前に付くドゥ(de) と
同じ響きということから " 貴族出身 " と思われるのを避けるため
ドゥラモリエールからドゥを消してラモリエールとし
以降ロザリー・ラモリエールと名乗ります。 " Rosalie Lamorlière "

ブルトイユ生まれのマリー・ロザリー ドゥラモリエールは
初め、王党派のマダムボーリューの部屋付き女中として働いていました。
ルイ16世の処刑後、その死を悼みながらマダムボーリューも亡くなると
彼女の息子で同じく王党派であったムッシュ ボーリュー(以下ボーリュー氏)は
コンシェルジュリの看守であったマダムリシャールにロザリーを託します。

牢獄で受刑者の世話をする仕事が嫌だった彼女は
ボーリュー氏の革命裁判から不幸な人々を守るべく
無償で弁護をする姿を目の当たりにし
やがて無実の罪で投獄された多くの人々の為に
コンシェルジュリで働くことを受け入れます。

そうしてタンプル塔から移送されて来た王妃の
世話をすることとなったのでした。 ≫




ロザリーはセカンドネームだったのですね!驚きました!
本名を伏せていたんですね!



革命下のフランスの宗教事情を知れば
前述の記事でもマリア様のことに触れているように
彼女が名前を隠さざるを得ない状況だったことが理解できます。



フランスでは教会は国王の支配下にあったため
革命において教会の国有化、聖職者の公務員化を図り
反バチカン政策をとりました。



この時 「聖職者民事基本法」 なる憲法に
宣誓を拒否した司祭 (反革命派) のことを
我々もよく耳にする 「宣誓拒否司祭」 と呼んでいたのです。



アントワネットも遺書に
「私はローマ・カトリック教徒として死に臨みます。宣誓司祭の秘跡は受けません。」
とハッキリと遺しています。



前回の記事でハミルトンの絵画を扱いましたが
そこにアントワネットの傍らに聖書を持って佇む司祭が描かれています。
アントワネットは自身の誓いどおり宣誓司祭から顔を背け
新政府が作った宗教などカトリックとは認めないという意思表示をしています。
最後のせめてもの抵抗だったのでしょう。



ノートルダムでは聖母マリア像にとって代わって自由の女神像が据えられました。



こういうことからファーストネームであるマリーを隠したのですね。
きっと彼女だけではなかったことなのでしょう。



それにしてもロザリーって
とても詩的で美しい名前だと思いませんか?
語源はやはりローズ(薔薇)のようです。




余談ですがアメリカの私のホストファミリーの
おばあさんの名前がローズでした。
ローズやロザリーは最近あまり聞かないので
今では古風な名前なのでしょうね。
ロザリーはローズほどではなさそうだけど。(笑)



そういえば映画タイタニックでケイト・ウィンスレットが
演じたのもローズという名前。
映画の中でローズは婚約者からナナ (Nana) と呼ばれていました。
前述の私のおばあさんもニックネームはナナでしたので
どうやらローズのニックネームはナナのようです。



ところで私はディカプリオより婚約者役のビリー・ゼーンの方が好きで
彼観たさに映画館に3度も足を運んだおめでたい人間です。(笑)





ポエティックな名前の彼女を想像しながら寝ます。
ロザリーが夢に出てきそうな気がします。
[PR]

by pinkfleur | 2011-02-24 00:01 | アントワネット関連・人・事
2011年 02月 06日

王妃の髪を切ったのは

e0190118_15593096.jpg

Marie-Antoinette conduite à son exécution le 16 octobre 1793 
刑場へ運ばれるマリー・アントワネット

William Hamilton作 1794年 Vizille, musée de la Révolution française収蔵

 

この作品はイギリス人画家ウィリアム・ハミルトンによって描かれました。
2008年パリ・グランパレで開かれたマリーアントワネット展の図録によると
処刑直後の新聞記事に基づき製作されたとあります。
画家本人のサインが図版左下に認められ、1794年と記されているそうです。
王妃の処刑から完成まで数ヶ月 (はかかりますね) 費やされています。


画家の死後肖像画は売却され転々とした後1993年7月14日
ロンドン・サザビーズオークションでフランス・リヨンの画廊Michel Descours が購入。


現在はフランス南東部の街ヴィジーユVizille (Isèreイゼール県Grenobleグルノーブルから16km)
にあるフランス革命美術館 (Le Musée de la Révolution française) に保管されています。



e0190118_1781158.jpg

                   *地図はVizille市HPより拝借しました。



パリからグルノーブルまでTGV でおよそ3時間、Vizille までは3時間ちょいということになります。
こんな所にもアントワネットの肖像画があるんですねぇ... きっとまだまだ他にもあるのでしょうね...


美術館のHPアドレスを貼りたかったのですが、安全ではないとかかんとかで無理でした。
興味のある方は domaine-vizille.fr/391-les-collections.htm と入力してみて下さい。
その後 LES COLLECTIONS - Domaine de Vizille をクリックすると
この美術館の収蔵作品 (一部ですが) が見れます。
(上記の神々しいアントワネットは出て来ませんが)


ロベスピエールの胸像 (初めて見るロベスピエールでした) や第三身分とは...で
有名なシエイエスの剣などちょっと珍しいものを見ることができました。


本題 「王妃の髪を切ったのは」 に入ります。


前述のマリー・アントワネット展の図録に、上記の肖像画と共に載っていた一文に
目が止まりました。




" Rosalie lui coupa les cheveux pour que
le bourreau n'eût pas à le faire."

ロザリーが彼女(王妃)の髪を切ったので、死刑執行人は切る必要がなくなった。 


とあるではありませんか!




えっ?



ええっ!?



アントワネットの髪を切ったのは ロ、ロ、ロ、ロ、ロザリー だったの!!??



私はこれを読んで驚きました。
今の今まで死刑執行人サンソンがアントワネットの髪を切っていたと思っていました。


ロザリーにとって王妃への最後の奉公が、いつも自分が結っていた髪を切ることになるなんて
彼女の心中はいかばかりだったかと考えてしまいます。



だけど私は

アントワネット自身がロザリーに頼んだのではないか

と思っています。



死刑執行人や宣誓司祭を目にしても動じなかったアントワネットの心も
鋏を見た瞬間、現実に引き戻された感じがしたのではないでしょうか。


ロザリーには酷だけれど、彼女に切ってもらって死に支度を完成させたかったように思います。


髪に鋏を入れるロザリーと、ただじっと髪を切られているアントワネットの二人を想像すると
本当に悲しくなります。




刑場に向かうアントワネットの黒いドレス姿を描いた作品もありますが
実際には黒い喪服 (夫ルイ16世の喪に服していることが国民の反感を買う為)は
着替えさせられ、白いドレス姿で刑場へ向かいました。


ハミルトン氏の描いた白いドレスの王妃は彼の技量によるところですが
コントラストの大変美しい一枚に仕上がっています。


ロザリーが切ったと知ってから、この作品を見るにつけ
王妃の短くなった髪がより一層、痛々しく感じられてなりません。







参考図録 MARIE-ANTOINETTE  La Réunion des musées nationaux 刊
[PR]

by pinkfleur | 2011-02-06 23:36 | アントワネット関連・人・事