<   2010年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2010年 05月 30日

ジュ・ド・ポーム - Jeu de Paume -


テニスというと真っ先に浮かぶのは、やっぱりウィンブルドンでしょうか?


私にとってテニスの聖地とは、美しいグリーンの芝のウィンブルドンも大好きなのですが、フランス・パリ郊外ブローニュの森にある「ロランギャロス」です。


グランドスラム開催地の中で、唯一観戦したことのある思い出深いスタジアムです。


e0190118_14404924.jpg

記念のパンフレット


テニスのグランドスラム、世界4大大会の一つ、全仏オープン開催地 –Roland Garros – ロランギャロス


現在その全仏オープン真っ只中、クルム伊達公子選手が1回戦を突破したものの、残念ながら2回戦で敗れてしまいましたね!


ずい分昔の話ですが、ロランギャロスに行きたい!と宿泊していたパリのホテルのスタッフにお願いしたところ、なんとセンターコートのチケットを手配してくれたのです!
おかげで観戦することができました。あの時は本当にうれしかった!Merci beaucoup! 


その時のチケットです。まさかブログで日の目(?)を見ることになるなんて!


e0190118_14412686.jpg


そのスタッフから「記念にピンバッチを買ってきてほしい」とお金を預かり、「お安いご用!」と帰って手渡すと、「僕も本当は行きたかった!」とうれしそうにピンバッチを眺めていました。
テニスはフランス人にとって、サッカーに次いで人気の高いスポーツなんだそうですね。


8世紀フランスで生まれたテニスの原型といわれるゲームはその後、手のひらやグローブでボールを打ち合うことからジュ・ド・ポーム(仏語 jeu 遊び paume 手のひら、手のひらゲーム)と呼ばれ、王侯貴族の間で流行します。


17世紀に入り、ルイ13世がヴェルサイユに建てた球戯場(1630年建設・現在の体育館のようなもの)を息子のルイ14世は、ヴェルサイユ宮殿が完成(1682年)する2年前の1680年に取り壊してしまいます。宮殿建築の際、何か理由があったのではと思います。 ・・・単に邪魔だったのかな。


このルイ14世が取り壊した球戯場の遺構が2007年に発見されたそうです。 こちら ↓


e0190118_1444812.jpg


ヴェルサイユ宮殿が所有する絵画の保管場所(地下)増設工事中に発掘されたそうで、場所は宮殿向かって左の隣接地、ルイ14世が取り壊した後、軍事病院だった所。
ビリヤードを好んだルイ14世ですが、やはりジュ・ド・ポームもたしなんでいたようで1686年、宮殿からすぐの場所に球戯場を造っています。


後にこの球戯場は、世界史でおなじみ「テニスコートの誓い」の舞台となりました。


1789年6月20日、フランス革命(1789年7月14日)勃発直前、第三身分の代表者たちが国王に国民議会を認めさせること、そして憲法制定が実現するまで議会は解散しないということを誓い、結束を固めた場所。


e0190118_1443183.jpg

ジャック・ルイ・ダヴィッド作 「テニスコートの誓い Serment du Jeu de Paume」


中央で立って手を上げているのが議長「バイイ」 
彼から右に4人目、両手を胸に当て顔を上に向けているのが「ロベスピエール」 
さらに右3人目、左手に帽子を持ち右手を上げているのが「ミラボー」 
そしてその隣が「バルナーブ」

(弁護士バルナーブは、国王一家のヴァレンヌ逃亡事件の際、パリへ連れ戻される一家の馬車に同乗する人物。実際一家と接した彼は、醜聞まみれの一家像(とりわけマリ-・アントワネット)とはかけ離れていることを知り、以降王一家を庇護する立場を取るようになります。)


今あげた4人の誰一人として、革命後を生き延びることはできませんでした。
ミラボーは革命の大嵐が吹き荒れる前(1791年)に病死。 残る3人はギロチン死します。


彼らだけでなくこの日、球戯場にいた革命家の一体どれくらいの人達が、その後の人生を全うすることができたのでしょうか。


皆、若かった(若くない人もいましたが)、若さと熱気が満ち溢れたこのヴェルサイユの球戯場において、この日この瞬間に、実は革命の火蓋が切って落とされたのではないでしょうか。


この球戯場は現存し、見学することができます。


e0190118_15335898.jpg

こちらがその球戯場(ウィキペディアに内部写真が掲載されています→球戯場の誓いで検索してみて下さい)

地図を載せてみました。赤い目印のところ。 球戯場 "La salle du Jeu de Paume"

e0190118_15342662.jpg

拡大

e0190118_15344135.jpg

さらに拡大

e0190118_1535114.jpg


ヴェルサイユ観光局のホームページによると、ガイド付き見学となり要予約とあります。
8月28日までは催行されるようです。(それ以降の日にち未表示)


毎週土曜日 15時から
料金 大人8ユーロ 子供4ユーロ(8~17歳)
球戯場(Salle du Jeu de Paume)住所 1 rue du Jeu-de-Paume, 78000 Versailles
ヴェルサイユ観光局HP
 ← クリックしてみて下さい


ヴェルサイユ観光局でも予約はできるようですが不確かですので、HPからメールで問い合わせをされる方がよいと思います。


また、ヴェルサイユ宮殿にも同じくダヴィッド作、未完成の「テニスコートの誓い」が展示されています。


e0190118_1457878.jpg


e0190118_15321066.jpg


先に掲げた絵との位置関係からすると、右端の美男子はミラボー伯・・・ということですね??え~?!



話は現代のテニスに戻りまして・・・


球足の遅いクレーコートでは試合時間が長時間に及びがちなため、相当なスタミナを要求されるロランギャロス。
芝コートでは球足が速くなり、サーブアンドボレーといわれるプレースタイルのウィンブルドンでは、瞬発力や強力なサーブが不可欠。
どちらもそれぞれに魅力的(あ、全豪や全米のハードコートもね!)。


このグランドスラム、最初に開かれたのは1877年ウィンブルドン選手権。
ウィンブルドンというと白のウェアにシューズがお約束となっています。


初めてウィンブルドンのセンターコートに立って、片膝をちょこんと曲げてロイヤルボックスに会釈をする伊達公子さんの姿を昨日のことのように憶えています。


しかし私にとってのウィンブルドンは、ダイアナ元皇太子妃です。


ピート・サンプラスのファンだったダイアナさん、ロイヤルボックスに立って微笑んでいた姿は忘れられません。


イギリスでも若い人の中には、もはや彼女を知らない人がいるそうです。


全仏は今日で折り返し、全英は6月21日から始まります。
久しぶりにテニスをやってみたくなりましたが、ラケットは実家、テレビ観戦を楽しむことにします!
[PR]

by pinkfleur | 2010-05-30 16:15 | ヴェルサイユ宮殿
2010年 05月 23日

La cocarde tricolore ~三色帽章~


e0190118_1812237.jpg

「三色帽章」を着けたフランス国王ルイ16世 (黒い帽子の右、赤く丸いコサージュみたいなもの)



写真はルイ16世一家が逃亡の末逮捕された街、ヴァレンヌにあるアルゴンヌ美術館を訪れた時のもの。
(2008年4月)



1789年7月17日バスチーユ陥落から3日後、パリ市庁に来たルイ16世は、パリ市長バイイ(バイイも断頭台の露となる)からこの三色帽章を受け取りました。



三色帽章とは革命のシンボル、今のブローチのようなもので赤白青の三色から成っており、これが今日のフランス国旗の由来となっています。



この三色帽章の発案者は国民衛兵軍の指令官ラファイエットか、はたまた前出の市長バイイかそれぞれが主張していたようで、現在でも特定に至っていません。(どっちでもいいです。)



帽章そのものは革命期に突如として表れたものではなく、ルイ15世16世の時代、上流社会や軍人の間で、自分の所属するグループ(思想などを表明する)のアクセサリー的なものとして存在していました。



それが革命勃発と同時に赤白青の三色帽章が作られ革命の証として大流行し、さらにはこの三色帽章の着用が義務付けされ、着けていないと投獄、おそらくはギロチン行きの刑が科せられたようです。



三色の赤と青はパリの色、白は国王の色を表しています。



この国王の白色の由来は、メロヴィング朝のクロヴィス1世が天使から百合の花を与えられたという伝説からのようです。



以降白はブルボン王朝が没するまで国王、王家の色となります。



しかし12世紀末になって初めて登場する「フランス国王の紋章」は、青地に金色の百合の花があしらわれています。 紋章用語としての青(仏語)は、bleu ではなく azur となります。
青を紋章に初めて使ったのはフランス国王で、その青を使用するきっかけとなったのがサン・ドニ修道院院長のシュジェール(1081-1151)の存在が大きく影響しています。



12世紀半ば、シュジェールは美しい宝石サファイアの青を神聖な光と捉え、それまで教会で使用されていなかった青色を修道院建設時ステンドグラスに用い、青を世間に認知させていきます(反対派もいたようですが)。
サン・ドニの青と言われ、それが西に進んでシャルトルの青、ルマンの青と拡がっていきました。



シュジェールが結果、聖母マリアにイメージ付けした「青」を、フランス国王はカペー王朝(ブルボン家の祖)の守護者である聖母マリアを称え、紋章に取り入れたのでした。



シュジェールをもって、初めて王家と青色、が結びついたのでした。それまでに王家と青色に縁はありません。



さらにそれまで青はくすんだ色で職人や農民の作業着の色だったようですが、染色技術の進歩で明るい青を表現することが可能となり、13世紀初頭、ルイ9世が聖母マリアを真似て青い服を着始めます。
青を着た最初の君主です。そしてあっという間に衣装に青、は王侯貴族の間でブレイクします。



以降、王族(フランス)の衣装には、青地にこれまた紋章に組み込まれている百合の花が織り込まれることになったのでしょうね。



話は飛んで(戻って)三色帽章から発展した三色旗は、1814年~1830年の王政復古時(ルイ18世・シャルル10世いずれもルイ16世の弟)には一時廃止され、国王ひいては王家の色の白地に百合の花をあしらった旗が登場していました。



この時代はすっかり反革命派色となってしまっていたのですね。・・・ボソ。
[PR]

by pinkfleur | 2010-05-23 18:45 | アントワネット関連・人・事
2010年 05月 16日

マリー・アントワネットと王太子ルイ・オーギュストの結婚式


1770年5月16日 今から240年前の今日、ヴェルサイユ宮殿王室礼拝堂にてマリー・アントワネットと
王太子ルイ・オーギュスト(ルイ16世)の結婚式が執り行われました。

e0190118_17325938.jpg


こちらが王室礼拝堂。 建築は宮殿と同じく ジュール・アルドゥアン・マンサール氏 1710年完成。


e0190118_21225776.jpg

 
ヴェルサイユ宮殿専属ガイド(仏語または英語)の案内で2008年秋、一般非公開の王室礼拝堂の内部を
見学しました。 
専属ガイド付きツアーでないと中に入ることはできません。


通常礼拝堂は、一階か二階の入り口から中を覗くのが精一杯です。(しかも人の頭ばっかり・・・!) 
お時間のある方は、ぜひ一度、専属ガイド付きツアーで非公開の部屋等を訪問されることをお薦めします。
18世紀へタイムスリップすること請け合いです。


見学した時、いよいよ夢にまで見た王室礼拝堂に入れる! 
アントワネットが、ルイ16世が、そしてルイ15世や王家の人々が歩いた同じ場所を歩くことができるなんて!
という思いで一杯でした。 


ドキドキしながら、でも気を引き締めて、一歩一歩噛みしめるように礼拝堂を歩きました。


e0190118_21333712.jpg


太陽の光が燦々と差し込む礼拝堂は、彩りどりを添えるように着飾った大勢の貴族たちでひしめき合っていました。 さぞかしきれいだったことでしょうね。


この日ヴェルサイユ宮殿には6000人もの貴族たちが集まったそうですが、礼拝堂に入ることが許されたのはわずかに過ぎません。


彼らの視線はただ一点、未来の国王ルイ16世と未来の王妃マリー・アントワネットに注がれたことでしょう。


e0190118_212486.jpg


フレスコ画が美しい天井。 穴が開いているのはシャンデリアの跡ですね。


図録 MARIE-ANTOINTTE(仏語) では、結婚式の模様をクロイ公爵の日記から一部、引用しています。


訳してみました。


セレモニーは、5月16日の13時から14時の間、ランスの大司教によって執り行われました。


まずルイ15世が先頭に立ち、王子たちを先導します。 
続いて王太子ルイ・オーギュストと彼に手を携えたマリー・アントワネットが入場します。
さらに70人の貴族たちが後に続きます。


e0190118_21354939.jpg


ここを歩いたんだとしみじみ思いました。


e0190118_21362557.jpg



e0190118_21365688.jpg


ブルボン家歴代国王のファーストネーム LOUIS(ルイ)の頭文字 L が見えます。


e0190118_21364233.jpg


天使も祝福したんだろうな。


e0190118_21372431.jpg


祈祷台まで来ると国王は退き、35人の既婚の貴族女性たちと青綬を着けた男性貴族たちが新郎新婦を囲み進行を手伝い、ランスの大司教による結婚式は滞りなく終了します。


ブルボン家とハプスブルグ家、この両家の縁組はどちらかが優位というわけでもなく、非常にバランスのとれたもので、この日この上もない豪華で厳かで、そして優雅な世界が繰り広げられました。


e0190118_21373226.jpg

その様子が描かれた一枚  

" Cérémonie du mariage de Louis Auguste, dauphin de France, avec l'archiduchesse
Marie-Antoinette " 

" 王太子ルイ・オーギュストと王太子妃マリー・アントワネットの結婚式 "   ヴェルサイユ宮殿蔵

作者(デッサンのみ)Claude Louis Desrais  図録 " MARIE-ANTOINETTE " rmn刊 より


e0190118_21374053.jpg


人気(ひと気)のない現在の王室礼拝堂からはなかなか想像できませんが、花嫁のアントワネットは言うまでもなく、王太子ルイ(ルイ16世)や兄弟姉妹、ルイ15世たち、おば上たちの正装した姿はさぞ美しかったことでしょうね。


タイムマシーンがあったら覗いてみたい光景のひとつです。
[PR]

by pinkfleur | 2010-05-16 22:21 | ヴェルサイユ宮殿
2010年 05月 12日

イタリアへ・・・

明日からイタリアへ行ってきます!

e0190118_22512841.jpg


母が・・・! 私も一緒に行きたいよ。 


写真は昨年7月ローマからパリに向かう機内から。



私もまだ行ったことのないヴェネチアやフィレンツェに行くなんて・・・ う、羨ましい!

北から南へ縦断の旅。 やるね、お母さん!



心配なのはやはり、スリや治安の面。

地球の歩き方を見ても「安全対策」に7ページも割いてる国なんてそうそうない!

そのこと以外は街の景観はすばらしいし、何より食べ物がおいしいのできっと楽しめるはず。



父にカメラ操作の指導を徹底的に受けていたようだけど(笑) ・・・大丈夫だろうか。

ホントは撮ってきてほしい所がい~っぱいあるんだけど・・・。



でも、これは母の旅! 母が美しいと思ったところを写真に収めなくちゃ。

旅は極力身軽じゃないとね。 

どうか母よ、あまり無茶をしないで無事に帰ってきて下さい・・・。
[PR]

by pinkfleur | 2010-05-12 23:26 | イタリア
2010年 05月 10日

マダム・エリザベトの命日 - L'anniversaire de la mort de Madame Elisabeth -


人は何かを選択しながら生きている。


歴史にもし、を言いだしたらキリがありません。


でも、もし、彼女がフランス革命勃発(1789年)と同時に
すぐ上の兄、アルトワ伯一家と共に亡命していれば
革命後もおそらく生き延びることができたはずです。


彼女が選んだのは長兄ルイ16世と、本人が
仲の良かった義姉マリー・アントワネットのそばに残ること。


革命中、ルイ16世とアントワネットを支え続けます。


しかし、この選択によって彼女は過酷な運命までも
兄一家と共に辿ることになってしまいました。


その彼女というのはルイ16世の末妹マダム・エリザベト



e0190118_15215447.jpg


" Elisabeth Philippine Marie Hélène dite Madame Elisabeth "

エリザベト・フィリピーヌ・マリー・エレーヌ 通称マダムエリザベト


1764年5月3日 - 1794年5月10日 享年30歳


作 : 1782年 エリザベト・ヴィジェ・ルブラン夫人 


肖像画来歴 : カール伯爵家の孫娘、オンシュー侯爵夫人と姉妹マダム・ベアトリクス・ベルティエより寄贈
1961年2月10日ヴェルサイユ宮殿入り(図録 MARIE-ANTOINETTE RMN刊より)


この肖像画を初めて見た時、ああルイ16世に似ている!って思いました。



1794年の今日5月10日、マダム・エリザベトは現在のコンコルド広場において
断頭台上で、その30年の生涯を終えました。


この日彼女は、一緒に断頭台に向かったルイ16世の弁護人
マルゼルブ氏の姉セノザン夫人や他の受刑者たちの
処刑を見届けさせられ、最後にギロチンにかけられました。


受刑者ひとりひとりがマダム・エリザベトにお別れをし
断頭台に登ったと言われています。


処刑前夜のコンシェルジュリでは、受刑者たちを
慰め励まし、人生最後の夜を過ごしました。



マダム・エリザベトは1764年5月3日、ルイ15世の息子、
王太子ルイ・フェルディナンとマリー・ジョゼフ・ド・サックスの
8番目の子供、末娘としてヴェルサイユにて誕生しました。


兄達に、前述のルイ16世、プロヴァンス伯、アルトワ伯
また5歳年上の姉クロチルドがいました。


肖像画からも見てとれるように、少しぽっちゃりした体型は
両親からの遺伝、さらに厳密に言えば、父方の祖父の元ポーランド国王
スタニスラス・レクザンスカの血がしっかり受け継がれています。



e0190118_164721.jpg


父ルイ・フェルディナン(この肖像画は痩せていますが後に太ったそうです)(2008年11月撮影)
・・・見づらくてスミマセン。



e0190118_16471674.jpg


母マリー・ジョゼフ・ド・サクス (2008年11月撮影)



彼女が1歳の時に父が、そしてまだ3歳に満たぬ頃に母が
相次いで亡くなります。
(この父の死により、長兄ルイ・オーギュストが王太子となり
その後、ルイ16世となります。)


そしてエリザベトが6歳の時に長兄ルイ16世の妃として
(正確にいうと当時王太子妃)
オーストリアからマリー・アントワネットがヴェルサイユに
嫁いで来ました。


イギリス人伝記作家アントニア・フレイザーの伝記
マリー・アントワネットによると、アントワネットが初めて
エリザベトに会ったのは、1770年5月16日水曜日
アントワネットとルイ16世の結婚式当日、王太子妃の部屋で
ルイ16世の兄弟姉妹を紹介された時とのこと。



e0190118_1647508.jpg

e0190118_0195271.jpg


この部屋で会ったそうです。 (2008年11月撮影)



14歳半のアントワネットと、6歳のエリザベト、
二人とも、とってもかわいかったことでしょうね。



e0190118_235059.jpg
先のエリザベトの肖像画が収められている図録「MARIE-ANTOINETTE」にXavier Salmon 氏が寄せているフランス語の文章を訳してみました。


「ヴェルサイユに到着後、すぐにマリー・アントワネットはルイ16世より10歳年少の妹エリザベトに愛着を覚え、やがて長い年月と共に若い二人の女性の間には本物の愛情が育まれた。」


とあります。


子供が好きだったというアントワネットですから、ことのほかエリザベトをかわいがったことでしょうし、またアントワネットは末娘(弟はいます)であったため、彼女を実の妹のように思っていたことは間違いありません。




また物心もつかぬ間に両親を失くしていたエリザベトも
誰よりもかわいがってくれるアントワネットを
義理の関係を超えた本当の姉と慕っていたのではないでしょうか。


さらにXavier Salmon 氏によると


「プチトリアノンでエリザベトは、王妃と同じ階に部屋を持っていた」


とありますので、王妃が彼女を信用していたことが窺えます。


アントワネットは母マリア・テレジアに、エリザベトのことを
何度となく書き綴り、彼女の後ろ盾になってあげたいと
責任感を強くしていますが、皮肉にも二人の末路は残酷極まりない
ものとなってしまいました。


思慮深く、穏やかで敬虔であったエリザベトですが
革命中、アントワネットたちの元に留まりながらも
むざむざと革命の波に翻弄されるよりはと、
兄プロヴァンスやアルトワによる亡命貴族軍を応援し
アントワネットやルイ16世の意見に反目する
気の強い面も持ち合わせていた彼女。


タンプル獄では、国王一家の従僕であったクレリーが
エリザベトがベッドのそばで祈る姿を何度も見かけた
と自身の日記で述懐しています。
収録「ルイ十六世幽囚記」


その彼女のベッドは現存し、パリ・マレ地区にある
「カルナヴァレ博物館」にて目にすることができます。
簡素ではありますが、かわいらしいベッドでした。



e0190118_1772370.jpg


現在この肖像画はマリー・アントワネットのプライベート・アパルトマンに飾られています。(2008年11月撮影)


やっぱり、肖像画は実物をこの目で見るのが一番だと思います。
今の世の中、ネットでほぼ何でも見ることができますが
その物の放つオーラや存在感までは、掴み取ることはできません。


対峙して初めてその背景が見えてくるような気がします。


彼女の肖像画(写真)を前に、ふとそんなことを思いました。


多くのギロチンの犠牲者のひとりとして、
エリザベトの名前もまた、コンシェルジュリに記されています。
ご訪問の折には、アントワネットの名前と共にどうぞ探してみて下さい。



e0190118_0214295.jpg


こちらはサン・ドニ大聖堂内のエリザベトの墓碑です。
[PR]

by pinkfleur | 2010-05-10 18:04 | アントワネット関連・人・事