ヴェルサイユの花 ~Fleur de Versailles~                         

fleurpink.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2010年 01月 21日

ルイ16世の命日によせて - L'anniversaire de la mort de Louis XVI -

e0190118_23413597.jpg

ルイ16世は、1793年1月21日 革命広場、現在のコンコルド広場にて処刑されました。

1754年8月23日生 - 1793年1月21日没  享年38歳

e0190118_234271.jpg

1754年8月23日午前6時頃、彼はこの部屋、ヴェルサイユ宮殿・王太子妃の寝室にて生まれました。(残念ながら当時を偲ぶ家具類ではありません 2008年秋撮影)


ルイ・フェルディナン王太子と、その妃マリー・ジョゼフ・ド・サックスの「三男」として誕生。


ルイ・フェルディナンは、ルイ15世とその妃マリー・レクザンスカの長男です。


父ルイ・フェルディナンと母マリー・ジョゼフ・ド・サックスには、すでに長女マリー・ゼフィリーヌ、長男ブルゴーニュ公、次男アキテーヌ公がいました。


けれど、母マリー・ジョゼフがルイ16世を妊娠中、次男アキテーヌ公(生後7ヶ月)が亡くなってしまいます。


そして、ルイ16世が6歳半の時、長男ブルゴーニュ公(9歳半)が亡くなり、11歳の時、父(33歳)までもがこの世を去ってしまう。
(姉マリー・ゼフィリーヌも5歳で夭折。ルイ16世が1歳前後)


本来、遠かったはずの「王位継承者」という地位に立たされ、過酷な人生ををたどることになってしまいます。

e0190118_23422388.jpg

数学や物理が得意、科学にも深い興味を持ち、地理や歴史に明るく、さらにラテン語・英語・イタリア語・スペイン語が堪能で、非常に勉強熱心でした。
外国の新聞にも目を通し、ヨーロッパ各国の政情に精通していました。


身長178cm と、当時の人としては長身で、がっちりした体格、かなり大柄な人だったようです。


ルイ14世や15世の派手さを好む血は彼には流れず、父ルイ・フェルディナンに似て、地味で真面目、几帳面で、信仰心の篤い人でした。


理路整然としていて、しっかりとした意見を持っていたにも拘わらず、寡黙で優柔不断だった為、長所が理解されにくい人でした。


また、大変きれい好きで、狩猟の後、2槽の浴槽を用意し、1槽で石鹸を泡立てて体を洗い、もう1槽のきれいなお湯で体をゆすぐという、当時としては珍しいお風呂の入り方をしていた人です。


彼の治世は、長年の戦争と悪政により、すでに国家は財政難、またヨーロッパは凶作続きで、困難の多い時代でした。


政治の改革を懸命に進めていましたが、アメリカ独立戦争を支援(これが最大の原因だと思う)し、財政の立て直しに失敗(王妃が口出ししているかのごとく誤解されていますが、ルイ16世は日頃、王妃の政治関与を頑なに拒み、優柔不断だったにせよ、自己の意思で判断決定していることがほとんどです)


革命を許さず、結局亡命に失敗、自らアドバイスしたギロチンの刃(三日月型ではなく、斜めまっすぐに、という)によって、命を落とすことになりました。

e0190118_23415156.jpg

そして死刑の際、彼の望んだ「フランス国民の幸せ」はおろか、その後一番守りたかったはずの、彼の家族のほとんどが、悲劇の最期を遂げることになります。


統率力に欠け、激動の時代の一国の君主には向かない人だったのでしょうが、子煩悩で、優しく、誠実だったルイ16世。


断頭台で、従容として死に臨み、革命派も認めざるを得なかった立派な最期は、これからも語り継がれてゆくべきだと、私は思います。

e0190118_23423826.jpg

ルイ16世、マリー・アントワネット、王家のお墓のある「サン・ドニ大聖堂」 (2008年秋撮影)

e0190118_23425290.jpg

今日一日は、彼を思って、手を合わせました。

e0190118_045083.jpg

実際ルイ16世が使用していた、趣味の錠前作りの為の・・・機械です。 (2008年秋撮影)

e0190118_234339.jpg

ああ・・・ピンボケ・・・。(泣)  ・・・ちなみに、ルイ16世は乙女座でした。
[PR]

by pinkfleur | 2010-01-21 23:57 | アントワネット関連・人・事
2010年 01月 19日

来た~!

e0190118_15425250.jpg

届きました!DHL ではるばるUSA から・・・


手が離せない私に代わって、夫が出てくれた。「荷物来てるよ、DHL で。USA からですってDHL さんが言ってたよ。」


「えっ?DHL?」 ハッ、しまった!Amazon で注文したのが、もう届いたんだ!ああ!自分で出ればよかった!


「で、どんな制服だった?」 ← そこ?(笑) 「制服・・・?黄色の縞々・・・」
あのテーマカラーが、そのままシマシマ??? すごい・・・って感心してる場合ではない。


そうなんです、もうず~っとずっと、欲しくて欲しくて探し求めていた 図版集を、ようやく手にすることができたのです!

e0190118_16411982.jpg

" Marie-Antoinette - Images d'un destin - "
par Xavier Salmon フランス語


2008年から2009年にかけて、およそ半年おきに3度、渡仏しました。オーストリアやイタリアと組み合わせて。


その度に本屋という本屋、「fnac」、右岸そして書店が多い「左岸」の街を、まるで「尋ね人」でも探しているかの様に、↑ の絵の小さなコピーを見せて、「この本ありませんか?」と訪ね歩きました。


でも、どこへ行っても結果は「None」


もちろん日本でも輸入されていないかチェック、仏語書籍専門店などで取り寄せ可能かも調べてもらった。
だけど、これもダメだった・・・。


Amazon France でも、出て来ても「Occasion」つまり中古・・・
いやだ、絶対に中古なんて・・・・。
と、半ば諦めていた矢先、検索してみたら新書が「出て来た」わけです。


これで、今のところ、私が欲しかった「マリー・アントワネット」に関する

「図版集」の類は全て揃いました。


こちらの「図版集」は、マリー・アントワネットの幼少時から、人生最後までに描かれた絵画や胸像、またルイ16世との結婚のヴェルサイユでの「祝宴」の絵画なども、収められています。


ほとんどが一度目にしたことのある作品でしたが(ホッ)、フランソワ・デュモンの「王妃とマリー・テレーズ、ルイ・シャルル」三人の絵画は展覧会で見ていますが、アントワネットだけを描いている作品がいくつかあり、そちらは初めて見たもので、うれしかったです。


それぞれに詳しい著者の解説があり、私が「なぜ?」と思っている疑問にも答えてくれそうな「見る」のも「読む」のも楽しみな一冊です。


著者の「グザヴィエ・サルモン」氏は、Conservateur ヴェルサイユ宮殿美術館館長で、近年開かれた「ヴェルサイユ展」「ルーブル展」「マリー・アントワネット展」他は、彼の解説や案内なしでは「識る」ことが出来ません。


一度お会いして「直接」お話を伺ってみたいです。


今年のおみくじの「待人(まちびと)」欄(これって待人?)は、「来る 音信(おとずれ)あり」となっていました。(当たってる?)
[PR]

by pinkfleur | 2010-01-19 19:17 | アントワネットコレクション
2010年 01月 16日

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト

・・・といってもチョコレートです・・・。
ニュー・イヤー・コンサートを観ていて、ヨハン・シュトラウスではなく、なぜかモーツァルトを思い出し・・・モーツァルトというより、このチョコレート。

e0190118_18234089.jpg

このチョコ、ウィーンで買ったのですが、ホントにおいしかった!
ヘーゼルナッツがマジパンとチョコレートにコーティングされています。モーツァルトが好きだったそうです。

e0190118_18235211.jpg

なぜ、甘い物に飛んでしまったかというと・・・ コンサート映像の合間合間に、ウィーンのおいしそうなケーキが現れて・・・!

e0190118_1835834.jpg

ザッハトルテ・・・

e0190118_18353371.jpg

わぁ~~チョコレートたっぷり・・・ 食べたい・・・

e0190118_1836059.jpg


e0190118_18361998.jpg


e0190118_18363576.jpg


e0190118_18364824.jpg


e0190118_18443914.jpg

これなんて・・・ト音記号! うう、なんておいしそう カワイイの!
[PR]

by pinkfleur | 2010-01-16 18:52 | オーストリア