<   2009年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2009年 10月 13日

ヴァレンヌ Varennes 11   - ルイ16世塔 Tour LOUIS XVI -

ルイ16世塔と名付けられた時計塔。 

e0190118_930192.jpg

ソースの家の右斜め向かいにある。1914年に焼失し、その後再建された(そうです)。

e0190118_9514484.jpg

鐘が鳴らされ、ソースは村人達に知らせるため、彼の子供たちを通りで「火事だ!」と叫ばせた。とある。ベルばらでもおなじみの、ソースが旅券をチェックし、夜遅く旅を続けるのは危険なため、彼の家に一泊するよう勧めている。

左手に時計塔、右手にソースの家、上り坂になっている道を市庁舎まで戻ってみる。

e0190118_10132630.jpg
e0190118_10134331.jpg
e0190118_10135513.jpg

市庁舎                                        

e0190118_10151287.jpg

自由 平等 博愛・・・FRATERNITE 博愛となってるけど、辞書を引くと「友愛」とある。 鳩山総理・・・。
平等 EGALITE(エガリテ)は、ロランギャロスで耳にします。テニスのデュース(英語)。昔、wowowでロランギャロス中継を観戦していて、デュースに慣れているせいか、「エガリテ」って初めて聞いた時、なんかおかしかった。


ここからまた坂を下る。
馬車を降りて、坂を下り、ソースの家に向かう一家の絵があった。その通りに歩いてみた。

e0190118_10331131.jpg
e0190118_10333060.jpg

家の向かいの景色。アントワネットはどんな気持ちで歩いたんだろう。
翌朝、出発する際、ここの眺めをどう見たんだろう。

e0190118_10334078.jpg

e0190118_10444095.jpg
e0190118_1045087.jpg
e0190118_10454059.jpg

これがエール川。遅れて到着したブイエ将軍が、渡るのを諦めた川である。

e0190118_10455177.jpg

水が澄んでいて、きれいな川だった。

ヴァレンヌ 完結編 に続く
[PR]

by pinkfleur | 2009-10-13 10:57 | 王一家逃亡の地ヴァレンヌ
2009年 10月 11日

ヴァレンヌ Varennes 10   - ソースの家 Maison de SAUCE -

e0190118_16532255.jpg

ここがソースの家跡地。

e0190118_16534576.jpg

残った石の壁に、石碑が付けられている。 

e0190118_16535992.jpg

食料品屋、ヴァレンヌの代訴人ソースの家。1914年-1918年の戦争(第一次世界大戦だね)により破壊。1791年6月21日の夜、この家の1階(日本だと2階)でルイ16世、王妃(LA REINE とある、ほっ。)王家の人々が一晩を過ごす。
6月22日の朝、ブイエ将軍到着の期待も虚しく、無益に終わった逃亡計画の後、国民議会の命令によりパリに引き返さなければならなかった。・・・とある。

e0190118_171934100.jpg

跡地。

e0190118_17195120.jpg

お隣さん。

e0190118_17244999.jpg

破壊される前の写真。

e0190118_17214033.jpg

判事ジャック・デステの 「陛下 (Ah Sire)」 の一言で、ルイ16世は皆の知るところとなる。
この瞬間、王家の人々の運命が決定付けられた。
王の「モンメディーに行くだけ、決してフランスから出るつもりはない」という主張も信じてもらえない。
大勢の村人達が集まって来る。王は脱出より、家族の身の安全の為、時間稼ぎをする。
いろいろな小芝居を試みるも、尽き果て、ヴァレンヌを後にする・・・。
ブイエが来たところで、おそらく彼に出来ることは何もなかったのでは?・・・と。

e0190118_1721485.jpg

ここに一家が来たんだ、石碑と残った壁を触りながらしみじみ思う。
国王一家、革命派の人々、そしてソース一家・・・これらの人達の人生が、一夜にして明と暗に分けられた場所。 

彼等の苦悩や希望やいろんな思いが渦巻いていた、同じ場所とは信じられないくらい、
どこまでも穏やかで、ポカポカ陽気の似合う村なのである。

心の中で「来ましたよ。」とマリーアントワネットに言ってみる。(← 夫に聞かれるのは恥ずかしい。)
芝生になっている跡地に入ってみた。ウロウロウロウロ・・・・・歩く。空を見上げる。足元も見る。
白い小さなマーガレットみたいな、かわいい花。 記念に一枚。

11に続く
[PR]

by pinkfleur | 2009-10-11 19:02 | 王一家逃亡の地ヴァレンヌ
2009年 10月 08日

ヴァレンヌ Varennes 9   - アルゴンヌ美術館 Musee d'Argonne 2 -

先に訪れた「グランモナルク」の看板。確か18世紀当時のだったと思う。国王が描かれている。
グランモナルクの店内にも、この看板を掲げているグランモナルクの絵が飾られていた。

e0190118_1745960.jpg

ちょっと変・・・笑。


マリーアントワネットの、確か生涯を絵画などでまとめた小さな部屋もあったが、展示物など私はルイ16世中心という印象を受けた。 国王は国の父で、神だったのである。

たくさんの絵や遺留品などが所狭しと飾られている。

e0190118_18504434.jpg


パリへ帰還する一家

e0190118_17515660.jpg


こんな風刺画も。

e0190118_18533770.jpg

どんな時でも食欲のある王、鏡の前の王妃、言うことをきかない王太子といったところ・・・?


気になったのがこちらの一枚。

e0190118_1840926.jpg

国王、王妃、王妹、トゥルーゼル夫人、衛兵に抱っこされている王太子。
絵が気になったわけではなく、絵の下にある説明文。Le Roi, sa femme ・・・・・王、彼の妻とある。
王妃(La Reine)ではなく、妻となっている。マリーアントワネットを王妃と認めていないから?
マダムロワイヤルこと王女も、sa fille(娘)。 ちなみに同行した王妹や教育女官長の名前は書かれてある。
そして王太子は息子、ではなく、きちんと Le dauphin(王太子)と書かれている。
おそらく革命下に描かれ、王妃と書くことは反革命派とみなされるため、避けたのだろうか?
それとも適当に書いただけ?気になる・・・。

館内は第一次世界大戦関連の展示物もある。思ったより広かったし、見応えもあった。私たちの他に男女カップルと家族連れ数組、小さな博物館のわりには結構人が入っていた。

こちらを後にし、次に向かったのは「ソースの家跡地」である。

10 ヴァレンヌ ソースの家編に続く
[PR]

by pinkfleur | 2009-10-08 19:54 | 王一家逃亡の地ヴァレンヌ
2009年 10月 03日

ヴァレンヌ Varennes 8   - アルゴンヌ美術館 Musee d'Argonne 1 -

グランモナルクを出て、次に向かったのは「アルゴンヌ美術館」 こちら です。

グランモナルクを左に正面の橋を渡り、左手の坂道を上がる。まっすぐ道なりに進むと右手に見えてくる。徒歩10分くらい。
開館時期は4月中旬~9月下旬。週末と祝日の15時~18時。7~8月は週末の10時30分~12時と、14時30分~18時。


ルイ16世一家逮捕劇で一役買った「サント-ムヌー駅長(にっくき)ドルーエ」の肖像画。けっこうカッコイイじゃん。確かベルばらでも、国王一家を追いかけるドルーエってカッコよかった・・・ような。どんなだったっけ?
e0190118_19404057.jpg


                でもこんなのも発見!こっちが真実に近いと思うことにする!ちょっと笑える。
e0190118_202194.jpg


当時の村の模型。
e0190118_19511842.jpg


逮捕された時の一家の様子。逃亡の際、実は侍女2人を乗せた馬車がもう一台あった。侍女達の馬車が最初に呼び止められたとあるから、右手前の人形は侍女2人なのかな。
e0190118_20143881.jpg


こちらは国王一家が一晩過ごした「ソースの家のソース氏」大変気の毒なのは、彼もこの後ギロチンの露と消えるのですよ!ルイ16世が重要書類を燃やすのを手伝った、という罪で。シュテファン・ツヴァイクの小説マリーアントワネットにそうあります。
e0190118_20322847.jpg

                     目力のあるなかなかな男前。(鮮明でなくてごめんなさい)


そしてこちらは王妹エリザベト王女の櫃(ひつ)っていうか、衣装ケース。中を開けて見たい衝動を必死に抑えた。
e0190118_21191037.jpg


9 に続く
[PR]

by pinkfleur | 2009-10-03 01:05 | 王一家逃亡の地ヴァレンヌ
2009年 10月 03日

ヴァレンヌ Varennes 7   - グランモナルク Hotel du Grand Monarque 2 -

e0190118_23191713.jpg

ルイ16世の逮捕・・・される所までは書かれていないけど、一家がヴァレンヌに入って来たこと、ドルーエとギョームが先回りしていることなどが書かれてある。

破れていて相当古いみたい・・・・・。ガムテープで補修してあげたい・・・・・。

e0190118_23193066.jpg

"6 HOTEL DU GRAND MONARQUE" 6 オテル ドゥ グランモナルク。

e0190118_19451449.jpg

こちらが7の"EGLISE NOTRE-DAME" ノートルダム教会。

e0190118_23201533.jpg

そして、教会の向かいがグランモナルク。

夢にまで見たグランモナルクとのご対面。

あ~、ここなんだ、ここに替え馬が隠されていたんだなあ・・・。まじまじと建物を見上げる。

改めて来てよかったと実感。

無事にたどり着いて、グランモナルクを発見できて、急にお腹が空いてきた。
レストランって書いてあるし、なんかおいしそうな匂いもするし、お昼ここで食べるよね?入り口を覗いてみる。

Bonjour~!と勇気を出して声を張り上げると、中からとっても明るいマダムがBonjour~!と顔を出し、ニコニコ笑顔でいらっしゃ~い、奥へどうぞ~っていう感じ。マダムが料理してるみたい、とっても忙しそう。

e0190118_23203825.jpg

↑ の写真は食事を終えてから撮ったもの。入った時はお客さんがいた。

私たちはこちらの広間の隣の広間に席を取った。お客さんは結構いて、中が見えなかっただけにびっくり。
観光客らしき人は見当たらず、地元の少し年配(おじいちゃん、おばあちゃんも多かった)の方が一人か、二人で来ていた感じ。

そして、皆さんとても上品でした。

中はあまりにも静かで、ちょっと緊張したけど、店内はきれいで、陽当たりも良く、雰囲気も良く、居心地はとってもよかった!

そしてサーブをしているおじさんが、きちんとした身だしなみ(堅苦し過ぎず)のこれまた落ち着いた静かな方で、余計なことは言わないけど、優しいムッシュー、でした!

まさかブログを始めるとは思っていなかったので、お料理の写真はありませんー。

メインに鶏のクリームソース煮・・・?をチョイス。大大正解でした。ほんとにおいしかったよー!夫は確か豚肉だったような・・・。

今まで食べたフランス料理の中で、一番おいしい!って今でも思ってます。
そしてパソコンで似たようなレシピを探して、ちょくちょく作ってる・・・・・。

私にとっての「フランスの味」である。

e0190118_23205057.jpg

パリへ帰還する国王一家の図。
店内は、↑ のような絵や、18世紀のグランモナルクを描いた絵、また19世紀頃のグランモナルクを背景とした当時の村人たち、村の様子の写真が飾られている。

グランモナルクにいる、ということで胸が一杯だった私は、そしてシャイ(?)な私たちは、写真を撮っていいですか?と聞けなかった・・・。人がいなくなってから聞けばよかった。結果、数枚だけとなる。

e0190118_23332934.jpg

グランモナルク、内部。あーいい写真がない!ごめんね、グランモナルク!

8 に続く
[PR]

by pinkfleur | 2009-10-03 00:36 | 王一家逃亡の地ヴァレンヌ