ヴェルサイユの花 ~Fleur de Versailles~                         

fleurpink.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:王妃のプライベートアパルトマン( 4 )


2011年 10月 27日

アントワネットの浴室 - La salle de bain de Marie-Antoinette -

アントワネットの浴室
e0190118_21241736.jpg

湯を浴びたアントワネットはこのベッドで休んでいたようです。





こちらは一般公開はされていません。
プライベートアパルトマンツアーで見学可能です。
場所はヴェルサイユ宮殿、王妃の内殿1階です。



いろいろな人が証言を残しているように、
マリー・アントワネットは清潔好きでした。



不潔極まりなかったヴェルサイユとは
好対照の実家・オーストリアの宮廷は清潔そのもので、
そこで育ったアントワネットが清潔好き、になるのも自然なことです。



彼女の母マリア・テレジアは、子供達に
「自身の体は自身できれいにすること」 と教育しています。



当時、お風呂に入る習慣などなかった時代ですが
特にフランス人はお風呂に入らなかったようです。
ゆえにあれだけ香水が発達したのかしら・・・?
(災い転じて福となす・・・?)



中世以降、動物性のきつい香りが病気除けになるとかで
貴族たちは香水玉に入れて持ち歩いていたんだとか。
なんだかかえって具合が悪くなりそうですが。



アントワネットが来るまで、フランスではムスクなど
動物性香料が当り前とされてきましたが
花の自然な香りを好む彼女が植物性香料を作らせました。



ちなみにルイ16世も清潔好きで
狩りの後は必ずお風呂に入っていたそうです。





e0190118_21245029.jpg

朝、沐浴後のアントワネットとルイ16世が結ばれて
第1子マリー・テレーズを妊娠した、と何かで読んだのだけど。
・・・このベッドだったのかしら・・・



e0190118_212554.jpg

彼女が眺めたであろう、傘の中。 
こういうのがとっても気になるんです、私。
彼女が見たものを同じ様に見てみたい。



e0190118_2125245.jpg

薄いネグリジェのようなものを着て入浴していました。
ショコラを飲みながら、など。



e0190118_21253971.jpg




e0190118_21255686.jpg

肝心のバスタブは残っていなくて、これはバスタブがあった跡。



e0190118_21261319.jpg

そしてこちらは toilettes (トイレ) です。



大理石で寒々しい感じがするバスルームですが
日当たりはとてもよかった。





なんでも欧米人は肉食ゆえ、熱性体質だとか。
だから熱いお風呂などもってのほか、なんだそう。
寒い日でも半袖半パン、裸足みたいな人いますものね。



そして狩りがいつでも成功するわけではなく
次はいつ食べれるかわからないから
体が少しずつ肉を消化して、力を温存しようとした
DNAが残っていると聞いたことがあります。



確かにサッカーでも、スタミナが切れにくい。
最後の最後に粘り強さのようなものを見せてくる。



ジビエなんて私はダメなんですが
今は季節なんですよね・・・。



さあ今夜も温かい湯船につかって寝ます。
おやすみなさい。
[PR]

by pinkfleur | 2011-10-27 22:36 | 王妃のプライベートアパルトマン
2010年 08月 04日

王妃の図書室  - La bibliothèque de Marie Antoinette -


e0190118_2353097.jpg

ヴェルサイユ宮殿マリー・アントワネットのプライベートアパルトマン内にある彼女の図書室
アントワネットの胸像が飾られています。  2008年10月訪問


e0190118_23571617.jpg

アントワネットは読書好きではありませんでしたが、本を手にしている姿が描かれています。

他にも王妃が本を手にしている絵はありますが、この作品は一種のプロバガンダといいますか
1785年に起こった 「首飾り事件」 以降、下降線をたどる王妃の人気回復と名誉挽回のために
描かれた非常に政治的な役割の大きい作品です。

作者はおなじみヴィジェ・ルブラン夫人 1788年作 ヴェルサイユ宮殿蔵


e0190118_0493918.jpg

王妃はほぼ正装に近く、画面右端には王家の三つ百合の紋章入りクッションの上に
王冠が描かれていることからも 「フランス王妃」 であることを改めて認識させようとしている一枚です。

そんな王妃の手元に描かれている 「本」 をアントワネットの図書室で見てきました。


e0190118_235388.jpg

図書室は2部屋あるのですが(どちらも狭い)こちらは小さい方の補助的図書室。
図書室の図書室(笑)って感じでした。


e0190118_23533946.jpg

こちらが本家(笑)図書室
書棚が先のと全然違います。歴史を感じます。


e0190118_23535028.jpg



e0190118_2354197.jpg



e0190118_23541233.jpg

左端の書棚に注目...


e0190118_23543029.jpg

あっ!開いた!これはなんちゃって本棚だったのね!
ヴェルサイユ宮殿はこういう仕掛けが多くてびっくりしちゃいます。
[PR]

by pinkfleur | 2010-08-04 23:58 | 王妃のプライベートアパルトマン
2010年 03月 29日

L'appartement privée de Marie-Antoinette


e0190118_0452690.jpg

" La méridienne " 昼寝の間  マリー・アントワネットのプライベートアパルトマンの一室

最愛の息子ルイ17世の胸像が飾られていますね。



先週末土曜・日曜日と2日間にわたって、テレビ東京「美の巨人たち」の特集で
シェーンブルン宮殿・ヴェルサイユ宮殿・エルミタージュ宮殿が紹介されていました。


マリー・アントワネットやヴェルサイユが好きな方でご覧になった方も多いのでは。


私もずっと前から放送を楽しみにしていました。


番組でマリー・アントワネットはシェーンブルン生まれとなっていましたが大間違いです。
ホーフブルグ宮(王宮)ですよー!! (私に訊いて下さい!笑)


シェーンブルンは夏の離宮です。 
そこで生まれたのは、レオポルド2世とマリア・カロリーヌの2人だけです。


エルミタージュにはまだ行ったことがありませんが、シェーンブルンとヴェルサイユは
懐かしい思いにかられながらテレビに釘付けになりました。


中でも一般公開されていない「王妃のプライベートアパルトマン」が映し出された時は
もうドキドキ!


でも私、行ったことがあるんですよ。 宮殿専属ガイド(仏英語のみ)のツアーで。 


テレビでは少ししか映していませんでしたが、他にもプライベートルームはあるのです。


グランアパルトマンの「王妃の寝室」は、行った方はおわかりだと思うのですが、
豪華絢爛でとっても美しい、でもプライバシーも何もない、落ち着かない部屋です。
ただ、窓からの南花壇の眺めはとっても素敵ですよね。


プライベートアパルトマンは、方向音痴な私にはまるで迷路のような空間でした。


さらに驚いたことに、廊下や階段がびっくりするくらい狭く、暗く、古く(当たり前ですが)
宮殿の表舞台しか見たことがなかった私は、舞台裏はこんなものなのかと感心(?)
しながら、ガイドの後ろを必死について行きました。


しかし、部屋はといいますと・・・


大小様々な部屋があるものの、どの部屋も比較的質素で、王妃の趣味が生かされた
センスの良い内装でした。


調度品やカーペットはオリジナルの物が現存しているため、中まで入れない部屋もあり
入り口から首をろくろ首にして覗きこみました(笑)


e0190118_0345989.jpg


今回UPした写真はすべて「昼寝の間」です。 2008年10月訪問時。


固い体を呪いながら上半身をこれでもかと伸ばし、さらにろくろ首状態で見学した
この部屋を、番組では小林薫氏が中まで入っていましたね!! ちきしょー(笑)


e0190118_0355216.jpg


召使いが通り抜けできるよう、ベッドが奥まっている設計です。

切り取り面がある八角形のこの部屋は、別名「八角形の間」とも呼ばれています。


e0190118_0372525.jpg


一日の行事の間にここに来て、アントワネットはしばし休息を取りました。


彼女にとってここは、まさに「舞台裏」だったのですね。
[PR]

by pinkfleur | 2010-03-29 23:50 | 王妃のプライベートアパルトマン
2010年 02月 22日

王妃のアパルトマン  - Le petit appartement de la reine Marie Antoinette -


e0190118_23564184.jpg



マリー・アントワネットの小アパルトマンに置いてあった椅子。



特別何も手入れをされず、そのまま残されている。



修理されたり、復元されているものがほとんどの中・・・



人前には出てこない、こういうものがある意味 「本当」 のヴェルサイユかな・・・って思う。
[PR]

by pinkfleur | 2010-02-22 23:56 | 王妃のプライベートアパルトマン