カテゴリ:アントワネットコレクション( 6 )


2010年 07月 29日

お気に入りの・・・


e0190118_2336137.jpg

私の本棚 マリー・アントワネットやヴェルサイユ関連図録の 一部 です。

この中に一昨年秋、ヴェルサイユ宮殿の本屋の店員と ケンカ してゲットした
とっても貴重な一冊があります。


e0190118_23365335.jpg

それは...

e0190118_2337346.jpg

......

e0190118_233887.jpg

こちらです。 「王妃の趣味」 大好きな一冊 とても 大切な一冊 でもあります♪  



どういう経緯だったかというと、

朝いちで宮殿内の「お気に入り書店」で「気に入った」図録などを発見。

だけど最初に本を買って重たい思いをしながら観光するのは大変。

帰る前に買おうと決めました。(在庫もたくさんだったし)



もちろん、書店で「閉店」時間を「しっかり」確認することも忘れずに...。

本屋が閉店してもまだ庭園はオープンしているな...。 心の中でニヤリ。

本を買っても最後の最後にまた庭園を散歩できる...。



と、宮殿で一日たっぷり過ごした私は、目を付けていた数冊の図録等を

買って帰るべく、その書店に急いで向かっていました。

方向音痴な私はウロウロ迷い、半ば血眼(笑)になりながらもお店に到着。

確か閉店時間10分前を切ってはいましたが、ああ、なんとか間に合った...と

思ったのも束の間、いやな予感...。

「えっ?閉まってる?」

無情にも閉店10分前なのにドアがクローズしているではありませんか! 
ムンクの叫びさながら凍りつく私...。

なぜ...?

私の前にドアを開けて店員とやりとりしていた女性は諦めたのか中には入らず。

私もドアを開けようとしたけど、鍵がかかっていて開かない!

思い切ってドアをドンドン、と叩くと「案の定」ムッとした顔の女性店員が現れる。

店内はお客でいっぱい。

私 「まだ閉店時間じゃないですよね?買いたい本があるから入れて下さい。」

と、低姿勢でお願いしてみる。

店員 「ノン!」と睨みながらキレながら何やらまくしたてながらバタンとドアを閉める。

出た~ これか~ 聞きしにまさる悪態...

こっちは低姿勢でお願いしているのに、これが通じないのですよね~

人によりますがね!

もう一度さらに激しくドアをドンドンドン!と叩く。

ドアを開ける店員(一応は開けるんだね) またあんたか、といわんばかりの表情。

店員 「ダメ!もう閉めた」 と、やはりキレまくって何やらまくしたてている。

こんな最初からただひたすら怒ってわめきちらすアホ相手に

低姿勢のままでいる必要なんてあるのかしら?(笑)

 
私こんなことで引き下がるわけにはいかなーーーい!

ギリギリ閉店時間前じゃないかーーー!

明後日は帰国日、明日はヴェルサイユ休みじゃーん!

今日しかないんじゃーーーい!


私 「ハ~ッ?まだ閉店時間じゃないですよね?私明日日本に帰る(ウソだけど)から、今日が最後なのよ!」(今日しかないからやっぱりホント)

どさくさにまぎれて、フランス語と英語のチャンポン!通じりゃいい!
 
店員、鬼瓦顔プラス、そんなことあたし知るか、みたいな表情。

「買う本決めてるから!」

と、ここで店員の心が揺れたようで、相変わらずキレまくってケンカごしだったけど

店員 「どれやっ?!」

私 「あれやっ!!」

と、ちょうど目線の先の棚の一番上にあった、買うつもりでいたこの図録を指差した。

すると店員あっさり 「じゃ、入って・・・」 ブスッとしたままだったけど。

へっ...と、肩透かしを食う私...。

いや、ホントにね、店員大声でどなってくるしね

やっぱりすごいなフランス人って、ある意味感心してたところでしたし。

ま、いいや、入れてくれたし...と、まずはこの棚の一番上にある図録から。

脚立に登り一番手前の本立てに立ててあった見本の一冊を手に取る。

本当はその奥の新しいのが欲しかったけど届かなかったしね。

それからその他の決めていた図録や本たちを手に持ちレジへ。

そこへさっきの店員がやって来て 「新しいのがあるから」 と言って

見本で諦めていたこの図録を私の手から取り、脚立に登り

パンツからシャツがはみ出しながら体を伸ばし必死になって

新しい一冊を取って、私に渡してくれたのである!

どうやら私の行動を見ていたようで(笑)、私の訴えていることが本当だと

少しはかわいそうだと思ってくれたのだろうか・・・。

ええとこあるやん!フランス人!

大嫌いから大好きに転じた瞬間(笑)。

とにかく彼女に感謝。うれしかった!

Merci beaucoup !

連日通い続けたヴェルサイユ、トイレお姉さんとあなたの顔は今も忘れてないわ~!(笑)

よーやっと手に入れた本たちを手に私は再び庭園に戻り

残りわずかなヴェルサイユでの時間を楽しんだのでした♪



てことで、中身はこんな感じです。
e0190118_23481690.jpg

こちらはプチトリアノンに飾ってありますね♪


e0190118_2348422.jpg

マリー・テレーズとルイ・シャルル(ルイ17世)の肖像...。

彼らのその後の人生を考えると...。切なくなります。


e0190118_23542077.jpg




教訓 フランスで「閉店」時間は店員が「帰る」時間...だね。
[PR]

by pinkfleur | 2010-07-29 23:50 | アントワネットコレクション
2010年 06月 23日

王妃のボンボン


ヴェルサイユに行ったらみなさんは何をお土産に選ばれますか♪

いろいろたくさんありますが私が好きなのは・・・


e0190118_2261110.jpg


ヴェルサイユの果樹園で作られているリンゴのボンボン(キャンディ)です♪

これめちゃんこおいしい~♪ 

昨年二袋購入、一袋はあっという間に食べちゃいましたが、あと一袋は冷蔵庫に保管中~♪



e0190118_226271.jpg


1678年 ルイ14世がヴェルサイユに王室菜園を建設。

珍しくて希少性のある果物などを栽培していたそうです。



e0190118_2263964.jpg


ほどよい甘酸っぱさ♪ 

外側は普通のキャンディー、中からとろーり、ピュレが出てきておいしさ倍増です♪



「あめちゃん」に目がないあめちゃん大王(笑)の甥っ子、一粒口に入れた途端

「おいしい!」と、目を輝かせ「もう一個ちょうだい」とねだる彼。

妹の見ていないスキに「たまにはええやんな~、ほれ!」とボンボンを渡しつつ、

やっぱり教育上よくないという気持ち半分、このままではなくなってしまうという危機感半分から

「あともう一個!」と、まだまだねだり続ける「あめちゃん大王様」に

「あとは明日!」と言いきかせた私なのでした。



e0190118_2265196.jpg


€4.20 なり♪ お土産にいかがですか♪
[PR]

by pinkfleur | 2010-06-23 23:40 | アントワネットコレクション
2010年 03月 24日

王妃のクッション


e0190118_23463859.jpg


パリ グランパレで開かれたマリー・アントワネット展で購入したクッション。

実際の織柄を再現して作られた王妃のクッションです。

もちろん MADE IN FRANCE です。


e0190118_23465076.jpg


とっても気に入っています♪
[PR]

by pinkfleur | 2010-03-24 23:57 | アントワネットコレクション
2010年 03月 23日

Roir, reines et favorites de l'Histoire de France


前回の渡仏のお土産(もちろん自分への)

ルーブル美術館地下の書店で見つけた一冊 

フランソワ1世が表紙

e0190118_2311870.jpg

Roir, reines et favorites de l'Histoire de France


私以外にあとは男子大学生(?)だけが居た歴史書のコーナー。(夫は別コーナーに)

ほぼ独り占め気分でウキウキしながら、持って帰って楽しめそうな本を探す・・・。 


そこへ・・・


あらっ!これはフランソワ1世!


フランソワ1世が大きく表紙を飾っている本を発見。


イタリアからフランスにルネサンスを持ち込み、レオナルド・ダ・ヴィンチの
庇護者でもあり、フランス人から最も愛されている王様。


いつ見てもブキミ・・・と彼の肖像を目にする度、正直こういう感想を
抱いてしまうのは私だけではあるまい。


吸い寄せられるように手に取り、中をパラパラ・・・


ほ~、メロヴィング朝からナポレオン3世まで
そのタイトル通り、歴代国王・王妃そして寵姫の肖像画と共に
それぞれの治世の歴史が書かれてる。


これは買うしかない。 で、持って帰ってまいりました。


マリー・アントワネットのページはこんな感じです。

e0190118_23112854.jpg

彼女の”最期”は、その人生の中で最も尊敬されるに値するものである。

と書かれてあったので、ちょっとほっとしました。



ルイくん(フランス人の友人)に、「やっぱりフランソワ1世って好き?」 
と訊いてみたところ


ルイ 「え?フランソワプルミエ? ああ、もちろん!彼は頭がよくて、芸術にも
造詣が深くて・・・あ、ああ、ルイ16世ね、はは、彼は何もしなかったからねぇ」

(彼は私がマリー・アントワネットに興味があることを熟知しています)


私 「・・・・・・・・・・・・・・・・・。」 



ええ、ええ、そうでしょうとも・・・。 


た・し・か・に 優柔不断であの時代に最もふさわしくない国王で
あったことは相違ありません。


し・か・し 歴代国王の中で最も「人道的」で暴君とは真逆の
王様だったんだけど・・・。



フランスの歴史はフランス人のものである。 ヘタに逆らわない方が賢明っす。


言いたいことは以前にいっぱい言っている。


私のためになるからと、会話は常にフランス語、または英語、最後は日本語。 

はぁ、ありがたいけど苦しいわ。
[PR]

by pinkfleur | 2010-03-23 23:56 | アントワネットコレクション
2010年 03月 06日

宝物


e0190118_2395472.jpg


マリー・アントワネットのモノグラム入り  デミカップ & ソーサー



e0190118_23211455.jpg


2008年4月 パリのグラン・パレで開かれた 「マリー・アントワネット展」 で購入しました。 emoticon-0102-bigsmile.gif


そうなんです!

マリー・アントワネット展に行ったのですよ! 


この展覧会のことをニュースで知り、何とか仕事を調整し、ほとんど急にパリ行きを決定。

そう、この旅行に例の 「ヴァレンヌ行き」 を組み込んだのでした。 emoticon-0100-smile.gif



e0190118_23102336.jpg


お皿はこんな感じ。



e0190118_231036100.jpg


カップを横から見た感じ。


このカップ&ソーサーは、1778年頃制作されたマリー・アントワネットの旅行用携行品入れに

収められている物のレプリカです。

 

e0190118_0194468.jpg


こちらがその、マリー・アントワネットの旅行用携行品入れ


カタログから撮ったのですが、ちょっと曲がっています。見づらくてごめんなさい。



e0190118_0201566.jpg


ね、お揃いです。 emoticon-0100-smile.gif



e0190118_025553.jpg


鍋やスプーン、フォーク、他食器類が一式揃っていて大変便利なアタッシェケースです。



e0190118_017616.jpg


閉じるとこういう感じです。



e0190118_23135797.jpg


このアタッシェケースは、2008年東京都美術館で開かれた 「ルーブル美術館展」 で見て来ました。


その時のカタログです。
[PR]

by pinkfleur | 2010-03-06 00:32 | アントワネットコレクション
2010年 01月 19日

来た~!

e0190118_15425250.jpg

届きました!DHL ではるばるUSA から・・・


手が離せない私に代わって、夫が出てくれた。「荷物来てるよ、DHL で。USA からですってDHL さんが言ってたよ。」


「えっ?DHL?」 ハッ、しまった!Amazon で注文したのが、もう届いたんだ!ああ!自分で出ればよかった!


「で、どんな制服だった?」 ← そこ?(笑) 「制服・・・?黄色の縞々・・・」
あのテーマカラーが、そのままシマシマ??? すごい・・・って感心してる場合ではない。


そうなんです、もうず~っとずっと、欲しくて欲しくて探し求めていた 図版集を、ようやく手にすることができたのです!

e0190118_16411982.jpg

" Marie-Antoinette - Images d'un destin - "
par Xavier Salmon フランス語


2008年から2009年にかけて、およそ半年おきに3度、渡仏しました。オーストリアやイタリアと組み合わせて。


その度に本屋という本屋、「fnac」、右岸そして書店が多い「左岸」の街を、まるで「尋ね人」でも探しているかの様に、↑ の絵の小さなコピーを見せて、「この本ありませんか?」と訪ね歩きました。


でも、どこへ行っても結果は「None」


もちろん日本でも輸入されていないかチェック、仏語書籍専門店などで取り寄せ可能かも調べてもらった。
だけど、これもダメだった・・・。


Amazon France でも、出て来ても「Occasion」つまり中古・・・
いやだ、絶対に中古なんて・・・・。
と、半ば諦めていた矢先、検索してみたら新書が「出て来た」わけです。


これで、今のところ、私が欲しかった「マリー・アントワネット」に関する

「図版集」の類は全て揃いました。


こちらの「図版集」は、マリー・アントワネットの幼少時から、人生最後までに描かれた絵画や胸像、またルイ16世との結婚のヴェルサイユでの「祝宴」の絵画なども、収められています。


ほとんどが一度目にしたことのある作品でしたが(ホッ)、フランソワ・デュモンの「王妃とマリー・テレーズ、ルイ・シャルル」三人の絵画は展覧会で見ていますが、アントワネットだけを描いている作品がいくつかあり、そちらは初めて見たもので、うれしかったです。


それぞれに詳しい著者の解説があり、私が「なぜ?」と思っている疑問にも答えてくれそうな「見る」のも「読む」のも楽しみな一冊です。


著者の「グザヴィエ・サルモン」氏は、Conservateur ヴェルサイユ宮殿美術館館長で、近年開かれた「ヴェルサイユ展」「ルーブル展」「マリー・アントワネット展」他は、彼の解説や案内なしでは「識る」ことが出来ません。


一度お会いして「直接」お話を伺ってみたいです。


今年のおみくじの「待人(まちびと)」欄(これって待人?)は、「来る 音信(おとずれ)あり」となっていました。(当たってる?)
[PR]

by pinkfleur | 2010-01-19 19:17 | アントワネットコレクション