ヴェルサイユの花 ~Fleur de Versailles~                         

fleurpink.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 16 )


2010年 06月 09日

ショパン -生誕200年ー



ポーランドに生まれ、フランス・パリで永遠の眠りについた作曲家フレデリック・フランソワ・ショパン


e0190118_17185298.jpg

Frédéric François Chopin  1810月3月1日(2月22日説あり) - 1849年10月17日

フレデリック・フランソワ・ショパンの肖像  ドラクロワ作  1838年  ルーブル美術館蔵



ショパンと親交のあった、音楽や文学を好んだフランス人画家ドラクロワによるショパンの肖像画。
ショパンが亡くなったかためでしょうか、未完成作品です。筆致が荒い。
ドラクロワは前回記事にしました。


ショパンとドラクロワの間には12歳年の差がありましたが、お互いに尊敬し合っていたようです。
祖国を離れ、生涯の多くをフランスで過ごしたショパン。彼の父はフランス人だった為か、
ドラクロワを父(無理があるかな)か兄のように慕っていたのではないでしょうか?


今年2010年はショパン生誕200周年ということで、あちこちでショパンにちなんだコンサートが
開催されているようですね。


1810年ポーランドのワルシャワ近郊で生まれたショパンは4歳頃ピアノを始め、
7歳から本格的に指導を受け、この年で最初のポロネーズを作曲したと言われています。
16歳でワルシャワ音楽院に入学。卒業後ウィーンやプラハで音楽会を開き、成功を収めました。


1830年20歳の時、ポーランドの情勢悪化に伴い国を後にし、ウィーンに向かいます。
同年11月ワルシャワでロシア支配に対する民衆の蜂起が起こりますが、翌1831年
ロシア軍により鎮圧されてしまいます。


パリに向かう途中シュトゥットガルトでその報せを聞いたショパンが、失望と怒りから「革命」を
作曲したというエピソードがあります。


「革命」は確かにそんなエピソードが生まれるのも頷けるほど、ピアノの旋律が大変ドラマチックです。
激しさと哀しさと、でもどこか冷静さが感じられるのはやはり練習曲(エチュード)だからでしょうか。
(特に左手の練習曲)


ちなみに「革命」というタイトルはショパンが曲を献呈したリスト(作曲家)によるものです。
通常ショパンは、曲に通称は付けませんでした。
制作年や時代背景からも、革命と名付けられてもおかしくありませんね。


私もこのピアノの響き、大好きです。「革命」、ぴったりだと思います。


You tube から曲を up してみました。よければ革命を聴いてみて下さい。
演奏がブーニン(旧ソ連)というのはちょっと皮肉な感じもしますが・・・。ごめんねショパン。
一世を風靡したブーニンの若かりし日の姿も合わせてお楽しみ下さい。



それでは、どうぞ! ※注:当たり前ですが音が出ます。(笑)








パリに来てからショパンは、ドラクロワ、詩人ハイネ、リスト、メンデルスゾーンらに出会います。
音楽活動が認められ、作曲家としての名声は不動なものとなりました。


26歳の時、フランス人女流作家ジョルジュ・サンドと恋におち、マジョルカ島に逃避行します。
しかし結核だったショパンの具合は悪化、マジョルカ島を離れジョルジュ・サンド邸で療養後、
パリに戻り音楽活動を再開します。


33歳頃から体調を崩し始めます。36歳でジョルジュ・サンドと別れ、38歳になる1848年、
フランス2月革命ではパリを発ち一時ロンドンに身を置きます。


翌1849年10月17日パリで39年の生涯を終えました。
パリのペール・ラシェーズ墓地に埋葬されましたが、看病に駆けつけていたお姉さんによって
心臓だけが祖国ポーランドに帰国し、ワルシャワの聖十字架教会に納められています。


病弱とはいえ、若くして人生に終止符を打つことになるとは本人も思っていなかったでしょう。
20歳で祖国ポーランドを後にし革命に翻弄され、短い生涯ではあったものの、
その人柄から友人に恵まれ、音楽家としてその才能を開花させたショパンですが、
二度と祖国の地を踏むことなく、異国の地で亡くなったことを思うと不憫でなりません。




パリにあるロマン派美術館ではショパン生誕200周年を記念して、
フレデリック・ショパン ブルーノート展 "Frédéric Chopin La Note bleue" が開催されています。


元々はオランダ人画家シェフェール邸で、ロマン主義時代の芸術家たちのサロンでした。
ショパンやジョルジュ・サンドも通ったこの館に、同時代の画家たちの作品が展示されています。




フレデリック・ショパン ブルーノート展 "Frédéric Chopin La Note bleue"
2010年7月11日まで

ロマン派美術館 Musée de la Vie romantique
16, rue Chaptal 75009 Paris
ホームページ
[PR]

by pinkfleur | 2010-06-09 18:52
2010年 06月 05日

ドラクロワ -革命を描いた画家-


4月生まれの画家のひとり、フェルディナン・ヴィクトワール・ウジェーヌ・ドラクロワ

Ferdinand Victor Eugène Delacroix  1798年4月26日 - 1863年8月13日



ドラクロワは4月生まれ。私が4月生まれなので、4月に生まれた画家を取り上げています。



e0190118_1758588.jpg


墓地の孤児(少女) Jeune orpheline au cimetiére   1824年  ルーブル美術館蔵



「墓地の中で習作のためにポーズをとってくれた乞食女に7フラン」
1824年2月17日 ドラクロワの日記より


ドラクロワが墓地にいた少女をモデルに描いたそうです。 
次に掲げる「キオス島の虐殺」の画面左端、無表情の男性にすがりついている少女の顔に利用しています。


「ドラクロワ」というと、フランス7月革命の絵が最も有名かもしれませんが、私はこの烈しい目をした少女の絵が1、2と順位をつけ難い位好きです。



e0190118_1758399.jpg


キオス島の虐殺
Scènes des massacres de Scio   1823~24年頃  ルーブル美術館蔵



左端の少女がそうです。


1821年オスマン帝国(トルコ)の圧政からの解放を訴えギリシャ国内で暴動が起こり、それらを鎮圧するためオスマン・トルコ軍による大虐殺が行われました。


この作品は1822年4月オスマン・トルコ軍によるギリシャ・キオス島住民虐殺を描いたもので、あまりの生々しさに物議をかもした作品。 虚空を見つめる老いた女性が印象的です。




ロマン派を代表する画家ドラクロワは、1798年4月26日、パリに近いシャラントン・サン・モーリスで生まれました。


父は、ナポレオンの時代の大使シャルル・ドラクロワ(タレーランが父親という説もあります)
母の名はヴィクトワール、ルイ16世御用達宮廷家具製造家の娘でした。
ドラクロワには、19歳年上の長兄、18歳上の姉、そして14歳上の次兄がいました。年齢の開きからもタレーラン説と結びつけてしまいそうです。


1817年ドラクロワ19歳の時、新古典主義のゲランに弟子入りし、そこでロマン派の先駆け、ジェリコーと出会います。 写実性や安定した構図を求められた新古典主義がまだまだ主流だった時代、人の内面を感情的に描くロマン派は認められていませんでした。


そして新古典主義からロマン主義への移行期の途中、ジェリコーが若くして亡くなってしまいます。


ドラクロワは孤立無援状態になったものの、内面の動きを描き続け(時には荒々しいまでに)かつ写実性に欠くことなく色彩を豊かに表現し、ロマン派の礎を築き、発展させ世間に認めらるようになりました。


そしてその鮮やかな色彩表現力は、後の印象派画家たちに大きく影響を与えます。



e0190118_17584718.jpg


1830年の7月革命を描いたドラクロワの代表作 

民衆を率いる自由の女神 1830年7月28日
La Liberté guidant le peuple – Le 28 juillet 1830
  1830年  ルーブル美術館蔵



自ら生き証人として7月革命を描いたこの作品は、彼の代表作となりました。


ドラクロワは自由の女神の左側、シルクハットを被って登場しています。
自由の女神の右側、ピストルを持った少年は、ユゴー「ラ・ミゼラブル」に出てくる浮浪児ガブロッシュ。


7月革命・・・
1789年に勃発したフランス大革命、その後のナポレオンによる支配・失脚を経て、1814年からナポレオンの百日天下を挟むものの、1830年の7月革命まで王位に就いたルイ16世の生き残っていた弟たち プロヴァンス伯とアルトワ伯。


ブルボン家の頭上に再び王冠を取り戻した、というよりはナポレオン失脚後、連合諸国によって「あいつでいいんじゃない?」的に選ばれ、玉座に座ることができたラッキー感は否めません。


ルイ16世の処刑に少なからず「罪悪感」を抱いていたフランス国民たちは、亡命し諸国をさすらい続けていたブルボン家の生き残り一家を喜んで迎え入れます。


しかしルイ18世となったプロヴァンス伯は比較的穏健な政策をとりつつも、ナポレオン百日天下後の、ナポレオン一派の粛清と、そしてルイ18世の死去後、シャルル10世となったアルトワ伯のアンシャン・レジーム、いやルイ14世時代的の絶対王政的な政策で国民の不満がまたまたドカーンと爆発、7月革命が起こり退位を余儀なくされました。
(弟さんたちよ、ルイ16世の死から学習して下さい・・・)



e0190118_17591779.jpg


ディエップの高みから見た海 
La mer vue des hauteurs de Dieppe  1852年  ルーブル美術館蔵



イギリス海峡を望むノルマンディー、ディエップの海
19世紀中頃まで海は恐ろしいものと思われていましたが、それが一転ブルジョワジーのリゾート地となりました。


ドラクロワの作品中、私の中では、トップに掲げた少女の絵と1、2を争う作品。(笑)
夕陽に染まる雲間に覗く青い空と、金色に光輝く海。ああ、いつまでも眺めていたい風景です!!


激動の混沌とした時代のフランスに生き、自身を絵画の世界の革命家とみなし、旧体制とは永遠におさらば、新しい道を突き進むぞといった7月革命を描いた彼だからこそ、後年、見るものを穏やかな気持ちにいざなうこの一枚を描けたのかもしれないなぁ、なんて思います。


その後も様々な絵を描き続けたロマン派の代表選手ドラクロワは、1863年パリで亡くなり、ペール・ラシェーヌ墓地で永遠の眠りについています。



e0190118_940279.jpg


ウジェーヌ・ドラクロワの肖像
Portrait d’Eugène Delacroix
  1837年  ルーブル美術館蔵
[PR]

by pinkfleur | 2010-06-05 20:32
2010年 04月 30日

4月生まれの画家 1


マリー・アントワネットお気に入りの画家
エリザベト・ヴィジェ・ルブラン夫人と誕生日が同じということから
では他に4月生まれの画家はいないのかなと探してみました。


ふふ、結構いましたね。


もう4月終わりですよ!というツッコミ大歓迎でございます。


e0190118_22572158.jpg


画家の自画像といわれる作品  1777年頃


画家の名はジャン・オノレ・フラゴナール


1732年4月5日 - 1806年8月22日 南フランス、グラス出身

18世紀ロココ美術最盛期~末期の画家
フランソワ・ブーシェに師事。 ローマに5年間留学していたそうです。


e0190118_2257592.jpg


こちらの絵はご存知の方も多いのではないでしょうか?


「閂(かんぬき)」  1778年頃  


いやはや、何ともな一枚です。女性は本当に嫌なのでしょうか。
しかしハッと目を奪われます。何度かルーブルで見た・・・はず。
上記の自画像からはその作風が読み取れませんが。


e0190118_225894.jpg


「目隠し鬼」  1748年-1752年頃


貴族の遊びのひとつだった目隠し鬼ごっこ 
マリー・アントワネットも若い頃この遊戯を楽しんでいたそうです。


彼の描くテーマは下品になりかねないものを、彼独特の優しい
筆致でそれらを肯定的に描いている・・・と思います。
ゆえに彼の作品には官能的、甘美といった形容詞が
ついてまわるのかもしれません。


若い頃、ブーシェに師事していたため雰囲気がやっぱり似ている。
私、初めどっちがどっちかわかりませんでした。(恥)


e0190118_22573918.jpg


ロココの象徴画ともいえる作品 「ぶらんこの絶好のチャンス」  1767年頃


ルイ15世の愛妾デュ・バリー夫人からも作品を依頼されています。



e0190118_22582039.jpg





若き日のフラゴナール 









フランス革命期も生き延びたロココの画家は74歳でパリで没します。
[PR]

by pinkfleur | 2010-04-30 23:57
2010年 02月 27日

- FESTIN ROYAL EN LA GALERIE DES GLACES VERSAILLES -


e0190118_018619.jpg



以前コメントを下さった くみさんに教えて頂いたCD



" FESTIN ROYAL EN LA GALERIE DES GLACES VERSAILLES "

 - 空想の音楽会 2  ヴェルサイユ宮、鏡の間における王の饗宴 -



くみさん、素敵なCDを教えて下ってありがとうございました! 016.gif



このCDは、「アルトワ伯のための王の宴の音楽」 組曲 第4番より と

       「アルトワ伯のための王の宴の音楽」 組曲 第2番 の全21曲が収めらています。



どの曲も惚れ惚れと聴き入ってしまいました。 012.gif



組曲 第4番 1曲目に収められている " メヌエット Ⅰ  メヌエット Ⅱ (Menuet Ⅰ・Menuet Ⅱ) " は



トランペットのファンファーレがとっても華やかで魅力的。



e0190118_2344131.jpg



ああ、きっとアントワネットもこの曲で踊ったんだろうな、と想像させてくれます。



e0190118_2348472.jpg



組曲 第2番は、組曲 第4番より落ち着いた雰囲気を醸し出しています。



宮廷音楽って、こんなにも飽きさせないそれぞれバラエティに富んだものだったんですね。



次回 この音楽を聴きながら (ipodで) 鏡の間を堪能しようっと!!!

さすがに踊るのは・・・ 無理  012.gif




最近、朝食時にかけてます。 (笑) 



ご飯に納豆、玉子焼き、鮭。 (笑)  意外にイケます。 (笑)
[PR]

by pinkfleur | 2010-02-27 23:58
2009年 11月 15日

ウジェニー皇后  - L'impératrice Eugénie -


ルーブル宮殿(美術館)内、ナポレオン3世の大食堂の間です。

e0190118_17473059.jpg


e0190118_17474231.jpg

ナポレオン3世妃、ウジェニー皇后。なんとこの方 94歳 の大往生を遂げた方なのです。
1826年5月5日生-1920年7月11日没 1920年・・・というと、私が生まれたのと同じ20世紀を過ごしています・・・。親しみが沸きます。


ウジェニー皇后は、美しく、才気に溢れ、社交的で気さくな人柄が好かれ、宮廷は明るく華やかだったようです。このチャーミングな肖像画からも想像できますね。


かのオーストリアのエリザベート皇后も美人で「美」に大変こだわった人ですが、世界中の美女の写真を集めるのが趣味で、当然ウジェニー皇后のも持っていました。昨年、ウィーンの王宮(ホーフブルグ宮)で、コレクションのコピーを見てきました。


この王宮は、エリザベート一色と言っても過言ではなく、名前を エリザベート宮殿 と変えた方がいいくらいです(笑)


私は神経質そうなエリザベートさんより、ウジェニーさんの方が好きです。
彼女たちの写真をいくつか見ましたが、肖像画とほぼ相違なし!うーん、ホントに美人。ウジェニーはかわいいという形容詞がぴったりです。
美しいので逆に、その美しさを伝えきれるか、画家の技量がかなり問われたことでしょうね。写真と比べられてしまうし・・・。
いろんな意味で、美人は罪・・・です。


ウジェニー(・・・しまいに呼び捨て)は、マリー・アントワネットが好きで、彼女の家具や調度品の収集家としても有名です。
ウジェニーは、マリー・アントワネット展を開いています。
今日、目にすることができるマリー・アントワネットの遺品は、少しは彼女のおかげかもしれませんね。

e0190118_1813358.jpg


e0190118_18135523.jpg


e0190118_18374039.jpg

ウジェニー皇后のクラウンです。490粒のダイヤモンドと56コのエメラルド が使われています。
↑ 肖像画の右手がクラウンにそっと、添えられていますが、それがこちらのクラウン・・・っぽいですね。

ルーブル美術館「アポロンのギャラリー」で見ることができます。
ただ、展示内容は変わっていることがあります。ご注意下さい。

e0190118_1815432.jpg

テュイルリー宮殿フロール館 " Pavillon de Flore "

リシュリュー翼から向かいのドゥノン翼・・・ではなく私が見ているのは、右端のパヴィヨン・ドゥ・フロール館。
ここはテュイルリー宮殿の一部でしたが、一度焼失し、再建されました。マリー・ワントワネットの娘、マリー・テレーズの住居だった館です。

にょきっとエッフェル塔が見えますね・・・今気づきました(笑)現在ならではの風景です。


ナポレオン3世の居室 リシュリュー翼2階
アポロンのギャラリー ドゥノン翼2階 東端 
[PR]

by pinkfleur | 2009-11-15 19:03
2009年 10月 21日

ヴェルサイユの花  - Fleur de Versailles -

真ん中の、白とピンクの花・・・ひょっとして雑草なのでしょうか、この花が好きです。
ブログタイトルの "ヴェルサイユの花" とは、この花のことです。

e0190118_23454941.jpg




子供の頃住んでいた家の近くに咲いていて、ずっと記憶に残っていました。
たまに見かけはするものの、忘れていた頃・・・

e0190118_2346727.jpg




今年7月、ヴェルサイユで発見!!! ひとり、テンション上がり、わっ、絶対私の前世はヴェルサイユ宮殿の住人(笑)と確信したのでした!

e0190118_23472944.jpg




名前知りたい・・・。 ← クレオメと判明!
[PR]

by pinkfleur | 2009-10-21 23:57