2011年 10月 27日 ( 1 )


2011年 10月 27日

アントワネットの浴室 - La salle de bain de Marie-Antoinette -

アントワネットの浴室
e0190118_21241736.jpg

湯を浴びたアントワネットはこのベッドで休んでいたようです。





こちらは一般公開はされていません。
プライベートアパルトマンツアーで見学可能です。
場所はヴェルサイユ宮殿、王妃の内殿1階です。



いろいろな人が証言を残しているように、
マリー・アントワネットは清潔好きでした。



不潔極まりなかったヴェルサイユとは
好対照の実家・オーストリアの宮廷は清潔そのもので、
そこで育ったアントワネットが清潔好き、になるのも自然なことです。



彼女の母マリア・テレジアは、子供達に
「自身の体は自身できれいにすること」 と教育しています。



当時、お風呂に入る習慣などなかった時代ですが
特にフランス人はお風呂に入らなかったようです。
ゆえにあれだけ香水が発達したのかしら・・・?
(災い転じて福となす・・・?)



中世以降、動物性のきつい香りが病気除けになるとかで
貴族たちは香水玉に入れて持ち歩いていたんだとか。
なんだかかえって具合が悪くなりそうですが。



アントワネットが来るまで、フランスではムスクなど
動物性香料が当り前とされてきましたが
花の自然な香りを好む彼女が植物性香料を作らせました。



ちなみにルイ16世も清潔好きで
狩りの後は必ずお風呂に入っていたそうです。





e0190118_21245029.jpg

朝、沐浴後のアントワネットとルイ16世が結ばれて
第1子マリー・テレーズを妊娠した、と何かで読んだのだけど。
・・・このベッドだったのかしら・・・



e0190118_212554.jpg

彼女が眺めたであろう、傘の中。 
こういうのがとっても気になるんです、私。
彼女が見たものを同じ様に見てみたい。



e0190118_2125245.jpg

薄いネグリジェのようなものを着て入浴していました。
ショコラを飲みながら、など。



e0190118_21253971.jpg




e0190118_21255686.jpg

肝心のバスタブは残っていなくて、これはバスタブがあった跡。



e0190118_21261319.jpg

そしてこちらは toilettes (トイレ) です。



大理石で寒々しい感じがするバスルームですが
日当たりはとてもよかった。





なんでも欧米人は肉食ゆえ、熱性体質だとか。
だから熱いお風呂などもってのほか、なんだそう。
寒い日でも半袖半パン、裸足みたいな人いますものね。



そして狩りがいつでも成功するわけではなく
次はいつ食べれるかわからないから
体が少しずつ肉を消化して、力を温存しようとした
DNAが残っていると聞いたことがあります。



確かにサッカーでも、スタミナが切れにくい。
最後の最後に粘り強さのようなものを見せてくる。



ジビエなんて私はダメなんですが
今は季節なんですよね・・・。



さあ今夜も温かい湯船につかって寝ます。
おやすみなさい。
[PR]

by pinkfleur | 2011-10-27 22:36 | 王妃のプライベートアパルトマン