2010年 06月 24日 ( 1 )


2010年 06月 24日

フランス語


e0190118_23265948.jpg

愛読誌 OVNI パリで発行されている日本語のニュースペーパー

フランスの政治・社会のニュースや文化情報などが掲載されていて、なかなか面白い♪




なぜフランス語を勉強しているの?と、よく訊かれる。




フランス語学校の先生(先生は全員フランス人)に訊かれて



「フランスの歴史、特にフランス革命に興味がある。」と答えると、
ほとんどの先生の目は一瞬キラッと輝き、
満面の笑みで「へえー!そうなの!」と返ってくる。



だけどその後「マリー・アントワネットに興味がある」と答えると反応は様々(笑)。
ベルサイユのばらを知ってる?って(フランス人に)教えられたり(笑)。



学校仲間たちの理由も様々。



仏系企業勤務のAさんは「フランス人たちが何をしゃべっているのか聴きたいし、
文句の一つでも言ってやろうと思って」


・・・・・ な、なるほど!



医学生のBちゃんは、「フランス語を話したかったから。大学でも第二で選択してるし。」


なるほど。いろいろなことに興味を持ってやりたいことをやるのが一番よね。



他に料理修業でフランスに行くという人や、カメラマンもいた。(すでに渡仏しちゃいました)



欧州某国大使館勤務のCさんは、その国の言語ではなく
フランス語を勉強する理由は、英語以上にフランス語が要求されるとのこと。
確かに世界の上流社会ではフランス語は必須。
晩餐会でもフランス料理が正式ディナーだもんね。



このCさん、プライベートでご一緒したことがあるんだけど、まあよく気がつく人で親切。

博識で会話も楽しく、また慇懃無礼なこともなくとっても謙虚。
美人な才女というか才色兼備とはこういう人のことをいうのだなと、
彼女を通して「日本人女性」のすばらしさが
そこの国に伝わっていると思うとうれしい。
私は彼女のファンなのであります。




フランス語に戻りますが、勉強する理由として最も多いのは
「フランスが好き。フランスで少しでもフランス語でしゃべりたいし理解したい。」
もちろん私もそう。



前述の「マリー・アントワネットやフランス革命に興味がある」
というのは動機となったわけだけど



もっと突っ込んだ理由は



マリー・アントワネットがフランス語を話していたから。



彼女が話していた言語、フランス語を話したいと思った。
フランス語とはどういう言葉なのか、どう話していたのかを知りたくなった。



さらに


①マリー・アントワネットに関する書籍や資料をフランス語のまま読みたいから。
 (日本語の資料が少ない)



②今も実行してるけど、フランスを訪れて彼女の足跡や縁の地(史跡)を訪ね
そこにある説明書きを読んだり、また人に質問してやりとりに困らないように。



①に関しては、難しいものもあるしスイスイとはいかないけれど、
辞書があればなんとか、というものもあって手応えを感じられるようになってきた。



②の説明書きはそもそも人が読むのにわかりやすく端的に書かれているものが多く
史実を知っていれば理解できるものが多い。のでこれもクリアー。



だけど、本当の本当の理由は(まだあるんかいな)・・・



マリー・アントワネットの遺書を原文そのまま、一文字、一語たりとも漏らさず読みたいから。



和訳されたものは何度となく読んでいるので内容はいやというほど知っている。



だけどそれは誰かが訳したものであって、彼女の言葉ではない。
自分で訳したって、訳せた自己満足しか残らない。



私はフランス語で理解したい。



マリー・アントワネット展で遺書の現物を前に、そこに彼女の涙の跡を見て
なんともいえない気持ちで胸がいっぱいになった。



今までコピーを見ても何も心に響かなかった。 
涙の跡も紙の汚れもコピーでしかなかった。



最期の最期にしたためたその紙きれに
訳さないでフランス語でしっかり読みますから、と誓ったのでした。



でもまだしっかり読む勇気がないのよね・・・。




フランス語は難しい。だから楽しい。



語学は数か月でマスターできるようなものじゃない。
いきなり会話を始めても長続きしない。
この単語何?って辞書を引いても載っていない。
動詞の活用だったりする。



近道なんてない。
文法の基本のキから勉強しないとダメ。
時間はかかっても結局それが近道だったりする。



いや、語学習得に近道はなし。(どっちやねん)



今のところ、目的を同じとした「同士」に会ったことはないけれど
学校では「フランス語」が好きという「同士」がたくさんいる。
その方々との交流もいい刺激になっています。
[PR]

by pinkfleur | 2010-06-24 23:58