ヴェルサイユの花 ~Fleur de Versailles~                         

fleurpink.exblog.jp
ブログトップ

2010年 04月 30日 ( 1 )


2010年 04月 30日

4月生まれの画家 1


マリー・アントワネットお気に入りの画家
エリザベト・ヴィジェ・ルブラン夫人と誕生日が同じということから
では他に4月生まれの画家はいないのかなと探してみました。


ふふ、結構いましたね。


もう4月終わりですよ!というツッコミ大歓迎でございます。


e0190118_22572158.jpg


画家の自画像といわれる作品  1777年頃


画家の名はジャン・オノレ・フラゴナール


1732年4月5日 - 1806年8月22日 南フランス、グラス出身

18世紀ロココ美術最盛期~末期の画家
フランソワ・ブーシェに師事。 ローマに5年間留学していたそうです。


e0190118_2257592.jpg


こちらの絵はご存知の方も多いのではないでしょうか?


「閂(かんぬき)」  1778年頃  


いやはや、何ともな一枚です。女性は本当に嫌なのでしょうか。
しかしハッと目を奪われます。何度かルーブルで見た・・・はず。
上記の自画像からはその作風が読み取れませんが。


e0190118_225894.jpg


「目隠し鬼」  1748年-1752年頃


貴族の遊びのひとつだった目隠し鬼ごっこ 
マリー・アントワネットも若い頃この遊戯を楽しんでいたそうです。


彼の描くテーマは下品になりかねないものを、彼独特の優しい
筆致でそれらを肯定的に描いている・・・と思います。
ゆえに彼の作品には官能的、甘美といった形容詞が
ついてまわるのかもしれません。


若い頃、ブーシェに師事していたため雰囲気がやっぱり似ている。
私、初めどっちがどっちかわかりませんでした。(恥)


e0190118_22573918.jpg


ロココの象徴画ともいえる作品 「ぶらんこの絶好のチャンス」  1767年頃


ルイ15世の愛妾デュ・バリー夫人からも作品を依頼されています。



e0190118_22582039.jpg





若き日のフラゴナール 









フランス革命期も生き延びたロココの画家は74歳でパリで没します。
[PR]

by pinkfleur | 2010-04-30 23:57