ヴェルサイユの花 ~Fleur de Versailles~                         

fleurpink.exblog.jp
ブログトップ

2009年 12月 30日 ( 1 )


2009年 12月 30日

マリー・テレーズ - Marie-Thérèse Charlotte dite Madame Royal - 

e0190118_1936461.jpg

Marie-Thérèse Charlotte dite Madame Royal

1778年12月19日 - 1851年10月19日

マリー・テレーズ、またの名をマダム・ロワイヤル 1786年、彼女が8歳頃の作品です。


こちらの肖像画を、昨年パリのグランパレで開かれた「マリー・アントワネット展」で見て来ました。


この肖像画と対峙した時は、感無量でした・・・。


その時購入した図録から、撮影。


彼女はマリーアントワネットとルイ16世の長女です。ルイ16世一家の中で、唯一生き延びました。


ルイ16世の末弟アルトワ伯爵(後のシャルル10世)の長男アングレーム公爵と結婚し、アングレーム公爵夫人となります。


e0190118_19533729.jpg

櫻井郁恵さんの翻訳「マリー・テレーズ」発売ほぼ同時に、書店に買いに行きました。(走ったと言っても過言ではありません・笑)


櫻井さんにご連絡をさせていただきました。(笑)


マリー・テレーズに関しての本が出ないかと、首を長くして待っていました。(すっかりろくろ首状態でした)
自分で思い切って(時間がかかるけど)英語版を読むしかないのか・・・と思っていた矢先、↑ マリー・テレーズが出ました!ああ、本当にうれしい!


マリー・アントワネットの子供達に関しての書籍が少なく、同じく櫻井さんが翻訳された「ルイ17世の謎と母マリー・アントワネット」もそうですが、翻訳して頂くおかげで、改めて「知る」ことも多いのです。


同書の中に、香水の調香師ファージョンの名前も出て来ます。ちょうど、マリー・テレーズを購入する、少し前に読んでいたので、途中から併読しました。
いつも、何冊か併読します。気合いを入れる系、ゆる~い系・・・大体1冊は全く違う分野です。


櫻井郁恵様、本当に感謝しております。ありがとうございます。カポディモンテ宮殿に行けたのも、櫻井さんのおかげです!


年内に完読を目指しましたが・・・年明け初めには読み終えそうです!


e0190118_212847.jpg

弟ルイ・ジョセフと  


2003年東京都美術館で開かれた「ヴェルサイユ展」にも来ていましたね。


私は、昨年ヴェルサイユ宮殿専属ガイドによるツアー(英語)で「マリー・アントワネットのプライベートアパルトマン」を見学しました。
ここに、上記の王妃の子供達の絵が飾られていました。大事な子供達の絵が、王妃のプライベートルームに保管されていて、安心しました。


こちらには、普段目にすることのできない、王妃と関わりの深かった大事な人々の肖像画が飾ってあります。ランバル公妃、ポリニャック公爵夫人、マダム・エリザベートなどなど・・・本当に王妃の私室、といった場所です。王妃もきっと寂しくないでしょう。


e0190118_2123567.jpg

赤ちゃんの頃のマリー・テレーズです。本当に可愛いらしいです。光輝いています。


晩年、自分の部屋からの眺めが、チュイルリー宮からの眺めと似ていると、ずっと窓辺に座っていたマリー・テレーズ。


一生のほとんどを革命に翻弄されたひとりの女性マリー・テレーズ。
彼女の人生に思いを馳せたとき、無垢な赤ちゃんの頃の輝きがより増して感じる私です。
[PR]

by pinkfleur | 2009-12-30 21:20 | アントワネット関連・人・事