2009年 12月 07日 ( 1 )


2009年 12月 07日

凱旋門  - L'Arc de Triomphe


EU旗

e0190118_22452610.jpg

2008年7月から半年間フランスはEU議長国で、凱旋門にEU旗が掲げられていました。
写真は、昨年秋に訪れた時のもの。


EU旗には12の星が描かれていますが、加盟国数が変わっても、星の数は変わりません。
完璧、充実を象徴する古代ギリシャの円を表し、12という数は、完全という意味があるそうです。
ギリシャ神話の12神と関係しているのでしょうか・・・。

e0190118_23104683.jpg

ルーブル美術館、ヴェルサイユ宮殿などなどが、スト(grève)・・・・・。
日本からだと、ちょっとやそっとで行けないわけだし、せっかく来たのに・・・!
と、私だったら強行突破か、暴れる・・・ことはしなくても、それぐらいショックな出来事。


芸術鑑賞が観光だけではないにしても、リゾート地への観光とは、違う。
私はリゾート地には、あんまり行きたいとは思わない。
ましてや、住むなんて考えられない。絶対いや。・・・ってこういう話があるわけではありません(笑)


そこで生まれ育ったわけではないので、たま~~に行くからリゾートなのであって・・・。
とはいえ今までも、サイパン、プーケット、ハワイ(ハワイは2度、最近では4年前)に行っている。
のんびりできて気持ちいいけど、飽きてしまうんだよね。
サイパン、ハワイ(1度目)は10代、プーケットは21,2歳・・・若かったから、それなりに楽しかった。


でも、プーケットのビーチで、現地の女性にマッサージをしてもらったけど、あまりいい気分のものではない、と感じた。
マッサージそのものや、その女性に対してではなく、タイ人に対して上から目線的になりそうな環境が、いやだった。
最初はそういう感覚がなくても、現地の人達のせいではないけど、明らかに勘違いをしてしまいそうになる。
単なるお客→タイ人マッサージ師  ではなく、  金持ち→奴隷(は極端かもしれませんが)のような感じがして。


もちろん、そういうつもりで接してはいませんが。
現地人も、欧米や日本からの観光客で豊かになるから、卑屈になどはならないのだろうけど。
逆にモナコなどでは、自分が引いてしまうんじゃないかな、と思う。アジア人には似合わない気がして。


日本人は、奴隷制度と言われてもピンとこない。よその国のこと、と考えてしまう。
だけど、欧米にはれっきとしてあった。植民地もある。
現地の人々も今更独立・・・というのも難しいことでしょう。
フランスは好きだけど、植民地を多く有する国。


タヒチに私が行くことはないでしょうね。(笑)
[PR]

by pinkfleur | 2009-12-07 00:19 | パリ