ヴェルサイユの花 ~Fleur de Versailles~                         

fleurpink.exblog.jp
ブログトップ

2009年 11月 15日 ( 1 )


2009年 11月 15日

ウジェニー皇后  - L'impératrice Eugénie -


ルーブル宮殿(美術館)内、ナポレオン3世の大食堂の間です。

e0190118_17473059.jpg


e0190118_17474231.jpg

ナポレオン3世妃、ウジェニー皇后。なんとこの方 94歳 の大往生を遂げた方なのです。
1826年5月5日生-1920年7月11日没 1920年・・・というと、私が生まれたのと同じ20世紀を過ごしています・・・。親しみが沸きます。


ウジェニー皇后は、美しく、才気に溢れ、社交的で気さくな人柄が好かれ、宮廷は明るく華やかだったようです。このチャーミングな肖像画からも想像できますね。


かのオーストリアのエリザベート皇后も美人で「美」に大変こだわった人ですが、世界中の美女の写真を集めるのが趣味で、当然ウジェニー皇后のも持っていました。昨年、ウィーンの王宮(ホーフブルグ宮)で、コレクションのコピーを見てきました。


この王宮は、エリザベート一色と言っても過言ではなく、名前を エリザベート宮殿 と変えた方がいいくらいです(笑)


私は神経質そうなエリザベートさんより、ウジェニーさんの方が好きです。
彼女たちの写真をいくつか見ましたが、肖像画とほぼ相違なし!うーん、ホントに美人。ウジェニーはかわいいという形容詞がぴったりです。
美しいので逆に、その美しさを伝えきれるか、画家の技量がかなり問われたことでしょうね。写真と比べられてしまうし・・・。
いろんな意味で、美人は罪・・・です。


ウジェニー(・・・しまいに呼び捨て)は、マリー・アントワネットが好きで、彼女の家具や調度品の収集家としても有名です。
ウジェニーは、マリー・アントワネット展を開いています。
今日、目にすることができるマリー・アントワネットの遺品は、少しは彼女のおかげかもしれませんね。

e0190118_1813358.jpg


e0190118_18135523.jpg


e0190118_18374039.jpg

ウジェニー皇后のクラウンです。490粒のダイヤモンドと56コのエメラルド が使われています。
↑ 肖像画の右手がクラウンにそっと、添えられていますが、それがこちらのクラウン・・・っぽいですね。

ルーブル美術館「アポロンのギャラリー」で見ることができます。
ただ、展示内容は変わっていることがあります。ご注意下さい。

e0190118_1815432.jpg

テュイルリー宮殿フロール館 " Pavillon de Flore "

リシュリュー翼から向かいのドゥノン翼・・・ではなく私が見ているのは、右端のパヴィヨン・ドゥ・フロール館。
ここはテュイルリー宮殿の一部でしたが、一度焼失し、再建されました。マリー・ワントワネットの娘、マリー・テレーズの住居だった館です。

にょきっとエッフェル塔が見えますね・・・今気づきました(笑)現在ならではの風景です。


ナポレオン3世の居室 リシュリュー翼2階
アポロンのギャラリー ドゥノン翼2階 東端 
[PR]

by pinkfleur | 2009-11-15 19:03