ヴェルサイユの花 ~Fleur de Versailles~                         

fleurpink.exblog.jp
ブログトップ

2009年 11月 09日 ( 2 )


2009年 11月 09日

モンサンミッシェル 2  - Mont Saint Michel -


e0190118_1419697.jpg

修道院西側テラスよりの眺め


e0190118_14191545.jpg

修道院ではミサを少しだけ見学しました。


e0190118_14192475.jpg



e0190118_14193543.jpg

曇天だったけど、それはそれでまたよし。


e0190118_14194485.jpg

ガブリエル塔 Tour Gabriel


e0190118_1420478.jpg

ラ・メルヴェイユ La merveille


e0190118_14203248.jpg

真ん中よりぐっと下にカモメがいます。


e0190118_1420423.jpg

休憩するでもなく


e0190118_14205265.jpg



e0190118_14195416.jpg



e0190118_14202027.jpg

好きなように飛んでます。


e0190118_1421125.jpg

パノラマな景色を仰げてホントに気持ちよかった~。


e0190118_14211359.jpg

前日のモンサンミッシェル行きのバスの運転手さんは親切なおじさんで、私たちがサンマロに行きたいと言うと、時間を調べ
てくれました。ポントルソンでバスを乗り換えて~時間は何時何分で~、とついでに時刻表もくれました。
曜日によって時間が変わるので要注意です!そしてモンサンミッシェルの夜のお薦めお散歩コースも教えてくれました。

夜の島内は神秘的・・・おじさんイチおしの浜辺を散歩していると、パトロール隊があちこちパトロールしていて、とっても安心。

フランス人の友人Louis(仮名)くんも、泊まるならロマンチックな島内を勧める、って言ってたけど当の本人はモンサンミッシ
ェル(以下 MST と略します)はまだ行ったことないって・・・?!
心残りなのは、対岸からMSTを望むことができなかったこと。そもそも夜MST着ってどうよ???

パリですでに、オムレツを食べて大失敗している(食べながら、途中で生クリームとかが出てくるのか?真ん中はトロトロな
のか?と思っていたら食べ終わってしまった・・・笑)。なので、同じようなものだと勝手に決めつけ、いずれにせよただの卵
焼きに数十ユーロは出すまいと、決め込んで乗り込んだモンサンミッシェルでの夕食は、Louisくんお勧めのプレサレ(L'A
gneau Pré-sélé)をチョイス。プレサレとは、海辺の塩分を含んだ草を食べて育った羊(アニョー)のことで、潮の風味と柔
らかさが特徴。あと、魚のスープと生牡蠣、最後のデセールでもう満腹、大満足!

私はスープが大好き。マルセイユでブイヤベースを食して、最初は「ん?なんだこの味・・・しょっぱい?」みたいな感じだった
けど、それ以降なぜか魚系・・・にハマり、パリでもどこでも、あれば必ず注文し、今も家で「ブイヤベース」もどき(笑)をせっ
せせっせと作っています。

Louisくんに言わせれば、あらなど捨てていた部分で作られたもの、それが高すぎる、とフランス人らしいやや皮肉っぽい弁。
でも事実。その「魚の頭」を、私はどうも見るのもさわるのも苦手で、サングラスとゴム手袋といういでたちで、料理してました
が、頭をさわるプレッシャーと、いちいちあれこれ面倒なので、頭を使うのはやめました!

短い滞在(夜到着、翌日昼過ぎ出発)、狭い参道にびっしりな人の群れ・・・しかもLouis くんの言葉を借りれば、日本の温
泉街のように観光地化してしまっているMSTだったけど、バスに乗って遠ざかるMSTを見ていると、やっぱり寂しい気持ち
で胸がいっぱいになりました。

日が沈んでからの景色、静かなゆったりした時間を、もうちょっと味わっていたかったかな・・・と今振り返ってもそう思います。


この後、夫と私はポントルソンでバスを乗り換え、サンマロへ向かったのでした。
[PR]

by pinkfleur | 2009-11-09 16:03 | モンサンミッシェル
2009年 11月 09日

モンサンミッシェル 1  - Mont Saint Michel -

今年2009年7月 イタリア、バチカン市国 そしておなじみフランスを旅しました。
モンサンミッシェル・・・せっかくなので行ってみようと、そして日帰りだと大変過ぎるので、ホテル1泊とTGVを予約して行ってきました。

毎回、手配は私の役目です。 
パソコンで、飛行機、ホテル、TGV・・・美術館、コンサートのチケット、その他諸々・・・を手配しますが、楽しんでやっています。
でもホテルやアパルトマンはホントに星の数ほどあるので、悩みます。

パリからレンヌまでTGV で。レンヌの街を観光し、夕方のバスでモンサンミッシェルに行きました。
バスの運転手さんは、乗車の際、全員に「モンサンミッシェルでのホテルは予約済」かどうかを訊いていました。戻るバスがもうないわけですね。
全員答えは「ウィ!」でした。全員と言っても、10人くらいだったかな~。
到着したのはもう夜だったけど、まだまだ明るかったので島内をぶらぶらするのには、全然OK!しかも宿泊客以外の人々が帰った後で、ゆったり
した気分が味わえます。

「モンサンミッシェルとその湾」として世界遺産に登録されているそうです。
e0190118_0131650.jpg


e0190118_0132648.jpg


e0190118_0133715.jpg


e0190118_046721.jpg


e0190118_0135351.jpg

泊まったホテルです。別館でした。この青いドアを開けると、さらにドアがあり、そこがお部屋です。確か2室あったはず。

e0190118_014851.jpg

部屋のテラスです。

e0190118_0141826.jpg


e0190118_04507.jpg


e0190118_0564933.jpg


e0190118_0582683.jpg

レ・テラス・プーラール Les Terrasses Poulard の看板がありますが、 泊まったホテルはここではなく、
オーベルジュ・サンピエール Auberge Saint Pierre です。湾ビューをリクエストしてよかったです。

2 につづく
[PR]

by pinkfleur | 2009-11-09 01:32 | モンサンミッシェル