ヴェルサイユの花 ~Fleur de Versailles~                         

fleurpink.exblog.jp
ブログトップ

2009年 11月 07日 ( 1 )


2009年 11月 07日

王妃の劇場  - Le théâtre de la Reine -


マリー・アントワネットの劇場は、リシャール・ミックによって1779年夏完成。

e0190118_193271.jpg


e0190118_110285.jpg


e0190118_1101223.jpg


e0190118_2175059.jpg

宮殿専属ガイドのツアーだと観客席に入れる。しかも座って説明聴けるんですね。いいな、私も参加したかったな。・・・次回ということで。

宮殿専属ガイドによるツアーはフランス語または英語のみ。
別の日に参加した、王のプライベートアパルトマンの英語ツアーガイドが、こちらのお兄さんだった。
写真ではわからないけど、このお兄さんイケメンです。(← 顔をまず、しっかり確認!常識!)



e0190118_133549.jpg

黄金に輝く燭台は、実は漆喰に金メッキ加工を施したものだそうです!
1794年以降、いろいろな物が売られてしまったけれど、こちらは本物の金ではないという理由から売れ残り、現在に至ったということです。

また、右側の壁はナポレオンの時代は修復にかけるお金がなく、「壁紙」で済ませたそうです。
その時の壁紙の色はブルーで、後にルイ・フィリップ(後述)が赤に変えたそうです。流行とかもあったのでしょうね。

アントワネットの時代を偲ぶことができるのは、金メッキの燭台と舞台装置(これがまた実にすばらしくよくできています)くらい・・・と言っても過言ではないでしょう。
写真ではわかりづらいですが、壁や手すり、座席に張られたベルベットや、シルクの布までが売られてしまったそうですから・・・。



e0190118_1115615.jpg

舞台の上、正面に見える金色に輝く M と A (が重なっている)のモノグラムは、マリー・アントワネット(Marie-Antoinette)のイニシャルだと思いがちだけど
現在あるのはルイ・フィリップ王妃マリー・アメリー(Marie-Amelie)を指しているそうです。

ルイ・フィリップは、ルイ16世の裁判で死刑に1票を投じたオルレアン公(またはフィリップ・エガリテとも言われている~このオルレアン公も処刑される~)の息子。
マリー・アメリーは、マリー・アントワネットの姉マリア・カロリーナ(ナポリ王妃)の娘。
しかしこの二人の結婚、マリア・カロリーナはよく許したな・・・って思う。彼女(カロリーナ)にしてみれば妹夫婦の敵・・・の息子と自分の娘が結婚するんだものね。
いろいろ複雑だったんだろうな。

このルイ・フィリップって人(写真がない残念)は、髪型がリーゼントっぽくて笑いのツボなんですけど・・・私だけ???
さらに昔の上司に似ていて・・・笑・・・(注:上司はリーゼントではありません)

モノグラムに話を戻します。
最初はマリー・アントワネットのモノグラムがあったそうですが、ナポレオン1世が再婚相手のマリー・ルイーズ(ハプスブルグ家出身、マリー・アントワネットの兄
レオポルト2世の息子の娘、つまり甥っ子の娘。)の為に、双頭の鷲に取り替えたそうです。双頭の鷲はハプスブルグ家の紋章です。

その後、ルイ・フィリップがマリー・アメリーの為に MA のモノグラムを再設置したとのことです。



e0190118_1122629.jpg


e0190118_1123746.jpg


e0190118_1131470.jpg


e0190118_11325100.jpg

ダーッと、ダッシュしてみたくなりますね・・・。こうして見ると、バラと葉の赤い色が、差し色っぽくてきれいです。


e0190118_1134425.jpg

マリー・アントワネット以降、マリー・ルイーズ(ナポレオン1世妃)、マリー・アメリー(ルイ・フィリップ王妃)そしてマリーアントワネットの遺品の収集家でも有名な
ウジェニー皇后(ナポレオン3世妃)まで、愛され続けた小さな劇場。でした。
[PR]

by pinkfleur | 2009-11-07 02:29 | マリーアントワネットの離宮