ヴェルサイユの花 ~Fleur de Versailles~                         

fleurpink.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 09日

Le XVIIIe au goût du jour

ヴェルサイユ宮殿の大トリアノンにて18世紀衣裳展が開催されています。
(今日10月9日まで...!)

e0190118_19153542.jpg

展示模様はこんな感じ。 (写真はヴェルサイユ宮殿HPより拝借)
幻想的...。 真ん中の白いドレスはカール・ラガーフェルドの作品だと思う。


近かったら、「お?今日までじゃない!」ってさくっと行っちゃうんですが...。


不定期に送られてくるヴェルサイユ宮殿からの「催しもの」情報メール。
ずっと以前に登録しておいたのに「案内」が届くようになったのは数ヶ月前から...。(謎)
それにしてもデパートの催事お知らせのような気軽さです。笑
(すごい時代になったものです...)


この案内は早くに届いていたのですが、ちゃんと見ていなかったので改めて見ると
ヴェルサイユ宮殿・大トリアノン(グラントリアノン)において
現代のデザイナーが18世紀をテーマにデザインした衣装と
現存する18世紀の衣裳・靴・アクセサリーなどの展覧会が開かれているようです。


出展メゾン、デザイナーは
シャネル、ジバンシー、ディオール、ゴルティエ、ヴィヴィアンウェストウッド、ヨージヤマモト etc...


宮殿ホームページで堪能しましたが
私はシャネルのデザイナー、カール・ラガーフェルド氏の作品が好きです。
元々カール氏のブランド「PAULE KA」が大好き。 ^ ^


以下展示されている18世紀の衣裳や小物です。 (写真ヴェルサイユ宮殿HPより拝借)

e0190118_19322455.jpg

1730年頃  金箔で縁取られた扇子(折り畳み式)



e0190118_19324061.jpg

1730年頃  銀糸刺繍の施された革靴  半端ではない職人仕事です...。凄すぎます。



e0190118_19332984.jpg

1750-60年頃  タフタ織 絹糸によるチェーンステッチが施されたジャケット
(きれいだなぁ...)



e0190118_19334144.jpg

1750-60年頃  金銀刺繍が施されたドレス



e0190118_1934068.jpg

1755-60年頃  ランパス織という大変豪華な織物ドレス



e0190118_2025115.jpg

1770年頃  象牙色のシルクで織られたサテン地のポシェット 銀のスパンコール
ちょうどアントワネットがフランスに嫁いできた年です。(アントワネット15歳頃)



e0190118_19344437.jpg

1780-85年頃  ずばりアントワネットの時代のデザインです。タフタ織 絹糸キルト地 
ジャケットとスカート(この時代すでにツーピース的な衣裳があったのですね)
(年代王妃25~30歳頃)



e0190118_19345959.jpg

1780年頃  ピンク色の皮 黄色い糸で刺繍 トップに白いリボンのパンプス
かわいらしいですね。デザイン凝っています。現代にも通用します。
アントワネットもこういった感じのを履いていたことでしょう。(年代王妃25歳頃)



e0190118_19352021.jpg

1785年頃  畝織のストライプ模様のドレス
こちらもアントワネットの時代です。(年代王妃30歳頃)



e0190118_12123341.jpg




それにしても行きたかった...。





衣裳展のCM(ヴェルサイユ宮殿公式HP)

[PR]

by pinkfleur | 2011-10-09 20:51 | ヴェルサイユ宮殿


<< マリー・アントワネットの遺書 ...      秋 >>