ヴェルサイユの花 ~Fleur de Versailles~                         

fleurpink.exblog.jp
ブログトップ
2010年 07月 09日

中世美術館 - Musée national du Moyen Âge -


あ!昨年の今頃はパリだった! 

んじゃ今日と同じ日、どこにいたのかなと写真のデータをチェックしたところ

ここにいましたわ。

e0190118_0444673.jpg

中世美術館  - Musée national du Moyen Âge Thermes et hôtel de Cluny -


e0190118_0445563.jpg


美術館はブルゴーニュのクリュニュー修道会・修道院長の別邸として14世紀に建てられたもの。

ゴシック後期とルネサンス期の建築が合わさった美しい建造物。

15世紀に再建されて現在の形になりましたとさ。


e0190118_0452179.jpg


e0190118_0453673.jpg


この時の旅行はローマからパリ入りしました。


ローマの遺跡を見て来た私達にとって(特に私は)もううんざり!

風呂場跡が何でそんなに騒がれるわけ??  

古代ローマ人が優秀だったとか、一体いつの話やねん。 

今はどないなん??



それはさておき、ここに来た目的は・・・。



e0190118_046016.jpg


人間の五感をテーマにした6枚の連作からなるタピスリー 


「貴婦人と一角獣 - La Dame à la licorne -」 を観るため!


こちらはその中の 味覚


貴婦人が、侍女の持つ杯からドラジェ(お菓子)をつまんでいます。



15世紀、パリでデザインされフランドルで織られたこのタピスリーは
 
19世紀、小説家プロスペル・メリメ (著作カルメンなど・彼は文化財保護技監として

歴史的建造物や遺跡などを調査・修復した) によって発見され

作家ジョルジュ・サンドが自身作「魔の沼」の中で

このタピスリーを賞賛したことから、一躍有名になりました。



e0190118_1365194.jpg

聴覚


貴婦人がオルガンを弾き、動物たちがその音色に酔いしれています。



e0190118_14086.jpg

こちらは 視覚


e0190118_1402954.jpg

一角獣が貴婦人の膝に前脚を掛け、彼女が持つ鏡に映る自分自身を覗いています。

貴婦人はえらいブサイク(なんで?)に見えるんですが、一角獣の愛らしいこと!



e0190118_1455147.jpg

嗅覚


e0190118_146516.jpg

花輪を持つ貴婦人がメッセージを放っているわけではなく


e0190118_1462022.jpg

左端のこの猿ですわ、主人公は。 猿が花の匂いを嗅いでいます。


e0190118_1463926.jpg

せっかくなのでライオンくんもアップでよろしく。



e0190118_1591968.jpg

触角


貴婦人が右手で旗を持ち、左手で一角獣の角に触れています。



e0190118_223100.jpg

そして最後の6枚目 - A mon seul désir -  我が唯一の望みに


テーマが明確でなく謎が多いとされています。


e0190118_221766.jpg

他の5枚のタピスリーで貴婦人は首飾りを着けています。

ここでは貴婦人が首飾りを手にしているため、

首飾りを着けようとしているのか、宝石箱にしまおうとしているのかわかりません。

ということから、このタピスリーが物語の最初なのか終わりなのか

と言われていますが、どちらなのでしょうか。


e0190118_223099.jpg

人間の基本の五感にプラス欲望、という見方もできます。

désir を欲望と訳すか望みと訳すか・・・。



これらのタピスリーは、当時の有力者ジャン・ル・ヴィストが娘の結婚祝いに織らせ、

「愛」を意味しているというエピソードも残っています。



e0190118_2182859.jpg


e0190118_2184219.jpg


パリ左岸カルティエ・ラタンもまた趣きのある界隈です。


右岸をウロウロすることの多い私ですが、もちろん左岸の雰囲気も大好きです。




中世美術館

Musée national du Moyen Âge
Thermes et hôtel de Cluny

6, place Paul Painlevé 75005 Paris
[PR]

by pinkfleur | 2010-07-09 23:40 | パリ


<< Le Quatorze Jui...      フランス語 >>