ヴェルサイユの花 ~Fleur de Versailles~                         

fleurpink.exblog.jp
ブログトップ
2010年 06月 09日

ショパン -生誕200年ー



ポーランドに生まれ、フランス・パリで永遠の眠りについた作曲家フレデリック・フランソワ・ショパン


e0190118_17185298.jpg

Frédéric François Chopin  1810月3月1日(2月22日説あり) - 1849年10月17日

フレデリック・フランソワ・ショパンの肖像  ドラクロワ作  1838年  ルーブル美術館蔵



ショパンと親交のあった、音楽や文学を好んだフランス人画家ドラクロワによるショパンの肖像画。
ショパンが亡くなったかためでしょうか、未完成作品です。筆致が荒い。
ドラクロワは前回記事にしました。


ショパンとドラクロワの間には12歳年の差がありましたが、お互いに尊敬し合っていたようです。
祖国を離れ、生涯の多くをフランスで過ごしたショパン。彼の父はフランス人だった為か、
ドラクロワを父(無理があるかな)か兄のように慕っていたのではないでしょうか?


今年2010年はショパン生誕200周年ということで、あちこちでショパンにちなんだコンサートが
開催されているようですね。


1810年ポーランドのワルシャワ近郊で生まれたショパンは4歳頃ピアノを始め、
7歳から本格的に指導を受け、この年で最初のポロネーズを作曲したと言われています。
16歳でワルシャワ音楽院に入学。卒業後ウィーンやプラハで音楽会を開き、成功を収めました。


1830年20歳の時、ポーランドの情勢悪化に伴い国を後にし、ウィーンに向かいます。
同年11月ワルシャワでロシア支配に対する民衆の蜂起が起こりますが、翌1831年
ロシア軍により鎮圧されてしまいます。


パリに向かう途中シュトゥットガルトでその報せを聞いたショパンが、失望と怒りから「革命」を
作曲したというエピソードがあります。


「革命」は確かにそんなエピソードが生まれるのも頷けるほど、ピアノの旋律が大変ドラマチックです。
激しさと哀しさと、でもどこか冷静さが感じられるのはやはり練習曲(エチュード)だからでしょうか。
(特に左手の練習曲)


ちなみに「革命」というタイトルはショパンが曲を献呈したリスト(作曲家)によるものです。
通常ショパンは、曲に通称は付けませんでした。
制作年や時代背景からも、革命と名付けられてもおかしくありませんね。


私もこのピアノの響き、大好きです。「革命」、ぴったりだと思います。


You tube から曲を up してみました。よければ革命を聴いてみて下さい。
演奏がブーニン(旧ソ連)というのはちょっと皮肉な感じもしますが・・・。ごめんねショパン。
一世を風靡したブーニンの若かりし日の姿も合わせてお楽しみ下さい。



それでは、どうぞ! ※注:当たり前ですが音が出ます。(笑)








パリに来てからショパンは、ドラクロワ、詩人ハイネ、リスト、メンデルスゾーンらに出会います。
音楽活動が認められ、作曲家としての名声は不動なものとなりました。


26歳の時、フランス人女流作家ジョルジュ・サンドと恋におち、マジョルカ島に逃避行します。
しかし結核だったショパンの具合は悪化、マジョルカ島を離れジョルジュ・サンド邸で療養後、
パリに戻り音楽活動を再開します。


33歳頃から体調を崩し始めます。36歳でジョルジュ・サンドと別れ、38歳になる1848年、
フランス2月革命ではパリを発ち一時ロンドンに身を置きます。


翌1849年10月17日パリで39年の生涯を終えました。
パリのペール・ラシェーズ墓地に埋葬されましたが、看病に駆けつけていたお姉さんによって
心臓だけが祖国ポーランドに帰国し、ワルシャワの聖十字架教会に納められています。


病弱とはいえ、若くして人生に終止符を打つことになるとは本人も思っていなかったでしょう。
20歳で祖国ポーランドを後にし革命に翻弄され、短い生涯ではあったものの、
その人柄から友人に恵まれ、音楽家としてその才能を開花させたショパンですが、
二度と祖国の地を踏むことなく、異国の地で亡くなったことを思うと不憫でなりません。




パリにあるロマン派美術館ではショパン生誕200周年を記念して、
フレデリック・ショパン ブルーノート展 "Frédéric Chopin La Note bleue" が開催されています。


元々はオランダ人画家シェフェール邸で、ロマン主義時代の芸術家たちのサロンでした。
ショパンやジョルジュ・サンドも通ったこの館に、同時代の画家たちの作品が展示されています。




フレデリック・ショパン ブルーノート展 "Frédéric Chopin La Note bleue"
2010年7月11日まで

ロマン派美術館 Musée de la Vie romantique
16, rue Chaptal 75009 Paris
ホームページ
[PR]

by pinkfleur | 2010-06-09 18:52


<< ミタウ宮殿      ドラクロワ -革命を描いた画家- >>