2010年 03月 29日

L'appartement privée de Marie-Antoinette


e0190118_0452690.jpg

" La méridienne " 昼寝の間  マリー・アントワネットのプライベートアパルトマンの一室

最愛の息子ルイ17世の胸像が飾られていますね。



先週末土曜・日曜日と2日間にわたって、テレビ東京「美の巨人たち」の特集で
シェーンブルン宮殿・ヴェルサイユ宮殿・エルミタージュ宮殿が紹介されていました。


マリー・アントワネットやヴェルサイユが好きな方でご覧になった方も多いのでは。


私もずっと前から放送を楽しみにしていました。


番組でマリー・アントワネットはシェーンブルン生まれとなっていましたが大間違いです。
ホーフブルグ宮(王宮)ですよー!! (私に訊いて下さい!笑)


シェーンブルンは夏の離宮です。 
そこで生まれたのは、レオポルド2世とマリア・カロリーヌの2人だけです。


エルミタージュにはまだ行ったことがありませんが、シェーンブルンとヴェルサイユは
懐かしい思いにかられながらテレビに釘付けになりました。


中でも一般公開されていない「王妃のプライベートアパルトマン」が映し出された時は
もうドキドキ!


でも私、行ったことがあるんですよ。 宮殿専属ガイド(仏英語のみ)のツアーで。 


テレビでは少ししか映していませんでしたが、他にもプライベートルームはあるのです。


グランアパルトマンの「王妃の寝室」は、行った方はおわかりだと思うのですが、
豪華絢爛でとっても美しい、でもプライバシーも何もない、落ち着かない部屋です。
ただ、窓からの南花壇の眺めはとっても素敵ですよね。


プライベートアパルトマンは、方向音痴な私にはまるで迷路のような空間でした。


さらに驚いたことに、廊下や階段がびっくりするくらい狭く、暗く、古く(当たり前ですが)
宮殿の表舞台しか見たことがなかった私は、舞台裏はこんなものなのかと感心(?)
しながら、ガイドの後ろを必死について行きました。


しかし、部屋はといいますと・・・


大小様々な部屋があるものの、どの部屋も比較的質素で、王妃の趣味が生かされた
センスの良い内装でした。


調度品やカーペットはオリジナルの物が現存しているため、中まで入れない部屋もあり
入り口から首をろくろ首にして覗きこみました(笑)


e0190118_0345989.jpg


今回UPした写真はすべて「昼寝の間」です。 2008年10月訪問時。


固い体を呪いながら上半身をこれでもかと伸ばし、さらにろくろ首状態で見学した
この部屋を、番組では小林薫氏が中まで入っていましたね!! ちきしょー(笑)


e0190118_0355216.jpg


召使いが通り抜けできるよう、ベッドが奥まっている設計です。

切り取り面がある八角形のこの部屋は、別名「八角形の間」とも呼ばれています。


e0190118_0372525.jpg


一日の行事の間にここに来て、アントワネットはしばし休息を取りました。


彼女にとってここは、まさに「舞台裏」だったのですね。
[PR]

by pinkfleur | 2010-03-29 23:50 | 王妃のプライベートアパルトマン


<< マルゼルブ通り      Chou d'amou... >>