2009年 10月 03日

ヴァレンヌ Varennes 8   - アルゴンヌ美術館 Musee d'Argonne 1 -

グランモナルクを出て、次に向かったのは「アルゴンヌ美術館」 こちら です。

グランモナルクを左に正面の橋を渡り、左手の坂道を上がる。まっすぐ道なりに進むと右手に見えてくる。徒歩10分くらい。
開館時期は4月中旬~9月下旬。週末と祝日の15時~18時。7~8月は週末の10時30分~12時と、14時30分~18時。


ルイ16世一家逮捕劇で一役買った「サント-ムヌー駅長(にっくき)ドルーエ」の肖像画。けっこうカッコイイじゃん。確かベルばらでも、国王一家を追いかけるドルーエってカッコよかった・・・ような。どんなだったっけ?
e0190118_19404057.jpg


                でもこんなのも発見!こっちが真実に近いと思うことにする!ちょっと笑える。
e0190118_202194.jpg


当時の村の模型。
e0190118_19511842.jpg


逮捕された時の一家の様子。逃亡の際、実は侍女2人を乗せた馬車がもう一台あった。侍女達の馬車が最初に呼び止められたとあるから、右手前の人形は侍女2人なのかな。
e0190118_20143881.jpg


こちらは国王一家が一晩過ごした「ソースの家のソース氏」大変気の毒なのは、彼もこの後ギロチンの露と消えるのですよ!ルイ16世が重要書類を燃やすのを手伝った、という罪で。シュテファン・ツヴァイクの小説マリーアントワネットにそうあります。
e0190118_20322847.jpg

                     目力のあるなかなかな男前。(鮮明でなくてごめんなさい)


そしてこちらは王妹エリザベト王女の櫃(ひつ)っていうか、衣装ケース。中を開けて見たい衝動を必死に抑えた。
e0190118_21191037.jpg


9 に続く
[PR]

by pinkfleur | 2009-10-03 01:05 | 王一家逃亡の地ヴァレンヌ


<< ヴァレンヌ Varennes ...      ヴァレンヌ Varennes ... >>